HoI4 Mod Old World Blues ~Fallout後の世界を描く

スポンサーリンク
MOD

Hearts of Iron IV(HoI4)でFallout後の世界を描くMod、

Old World Blues

Steam Workshop :: Old World Blues

を紹介します。

スポンサーリンク

Old World Blues 概要

まず今回のMod、Old World Bluesですが
執筆時点でまだαテスト(バージョン1.0)の段階であり、動作もまだまだ不安定な様です。
ですがFallout後、ポストアポカリプスの世界をHoI4で描くということでパラドフォーラム等でも注目されていましたので今回紹介してみました。

Old World Blues α1.0での機能

現在のOld World BluesバージョンαテストVer1.0の内容は次のようになっています。

  • 北米、中米の新しいカスタムマップ
  • 9077のプロヴィンス
  • 735の州
  • 94の国家
  • 不可解な地形になっていた山岳部を現実的な地形として描画
  • 海のタイルとして描画された川への海軍侵攻可能
  • 13の新しいカスタムユニットタイプ
  • 派閥のカスタム音声
  • 多数の国家用のカスタムユニットテクスチャ
  • 多数のFalloutロボットの3Dモデル
  • 3Dパワーアーマーユニット
  • 269のカスタム国家方針アイコン
  • 90の新しい国家精神アイコン
  • Falloutの世界を描く数百のイベント
  • Falloutの主要派閥を中心にした9つの国家方針ツリー
  • Falloutの異なるグループを表現する3つの一般的国家方針ツリー:レイダー、トライバル、セトラー
  • Falloutのグループ特性を表現する4つの新しいイデオロギー:エリート、インテリ、支配者、人々
  • 全ての指導者と将軍のカスタムアートワーク
  • Falloutのテクノロジーを体験できる新しいテクノロジーシステム
  • 少量の基本資源を作成できる資源製造システムの導入
  • Falloutの音楽カスタムミュージックプレイヤー対応

国家方針ツリーを持つ国々

α1.0の段階で国家方針ツリーを持つ国々は以下のとおりです。

  • ニュー・カリフォルニア共和国
  • シーザーズ・レギオン
  • ウェスタン・ブラザーフッド
  • ニュー・ベガス
  • ニュー・リノ
  • ヴォールト・シティ
  • デザート・レンジャーズ
  • トロール・ウォーレン
  • ニュー・カナン

これらに加えて汎用国家方針ツリーが3タイプ用意されています。

Old World Blues 注意点

まず第一に、Old World Bluesはまだまだ開発途中のModなので不具合を含んでいる可能性があります。
導入後に何らかの問題が発生する可能性がありますので、不安な方は導入を見合わせたほうが良いと思います。

推奨環境

Old World Bluesには推奨環境設定があり、

  • Old World BluesとOld World Blues – Music以外のModは導入非推奨
  • HoI4デフォルトのUIスケール(×1.0)
  • 画面解像度:1920×1080
  • NATOカウンター:OFF

となっています。
今後Modの完成度が上がればまた変わる可能性がありますが、
トラブルを避けるためにも現時点ではこれらの仕様に従ったほうが良さそうです。

併用必須Mod

Old World Blues内の音楽部分を受け持つMod、

Old World Blues – Music

の導入が必須です。

Steam Workshop :: Old World Blues - Music

併用推奨Mod

特にありません。

パワーアーマーも開発できる

Old World Blues 導入方法

Steamのワークショップ経由で導入します。

Steam Workshop :: Old World Blues

Modページ内の[+サブスクライブ]ボタンをクリックし、
ダウンロード後にHoI4のランチャーを立ち上げModを適用させてください。

また併用必須の音楽Mod、Old World Blues – Musicも忘れずに導入しておきましょう。


感想・まとめ

HoI4でフォールアウトの世界を描く大型Mod、
Old World Bluesの紹介でした。
まだまだ開発中ではありますが今後に期待できるModだと思います。
ただ安定性の問題があるので導入には注意しておきたいです。

MODの導入は全て自己責任で行ってください。
個々のPC環境等に依存する面が大きいため、
MODに関する質問には一切お答えできません。

[記事内の画像はSteam ワークショップ内Modページのものを引用]