HoI4 開発者日記 第137回 1.5.2 Update #1 2018/3/21

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第137回目を紹介。

今回はバージョン1.5.2アップデートの内容を紹介する第一弾です。

HOI4 Dev Diary - 1.5.2 Update #1
Hi everyone! I hope you are enjoying Waking the Tiger 🙂 With the 1.5.1 patch released last week the team has now started on 1.5.2. Today won't really...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2018年3月21日分 (第137回) 1.5.2アップデートの内容第1回

皆さんこんにちは!私はみなさんがゲームを楽しんでいることを願っています。
Waking the Tigerと:)先週リリースされた1.5.1パッチを経て、チームはVer1.5.2の開発に着手しました。

今日はあまり大きな内容の日記ではありませんが、パッチ作業が進行中に日記を休憩するのではなく、毎週変更の一部を紹介したいと思っています。

1.5.2は、金曜日にオプトインベータ版として利用可能になる予定ですが、リリースの準備が整うまで引き続きアップデート作業を行っていきます。
実際のリリースは少なくとも2週間以上後になると思います。

指揮官の整理を簡易化

人々は私たちのすばらしい未来のテクノロジー「ドラッグアンドドロップ」(商標登録は保留中)を好んでいるようなので、コミュニティのフィードバックに基づいて、ドラッグ&ドロップの機能をより多くの場所で実装することに決めました。

軍隊や軍団を簡単にドラッグするだけで、軍隊・軍団の再編成することが行えます(戦闘区域の概要でも同様のことをしています)。

司令官および師団の経験値取得

指揮官がどれほど速くレベルアップし特性を得るかについて、多くの矛盾したフィードバックがありました。

数名の意見で特性の獲得が速すぎるとの声があり、一方で遅すぎるとの声もありました。

私たちは1.5.1のために進行曲線を滑らかにしようとしましたが、もっと根本的なことをする必要があることを実感しました。

問題は、経験値が戦闘時間の1時間ごとに与えられるという仕組みであり、経験値取得が非常にプレイスタイルに依存していることです。
つまりあなたがうまく立ち回り、包囲網を解き、戦力を集中させるかあるいは敵をオーバーランすれば、敵に密接してゆっくりと戦っている人に比べて、僅かな経験値しか得られなくなってしまいます。

これに対処するために、経験値の獲得方法を変更しています。

  • オーバーラン(敵が後退できないようにする)と粉砕された師団(逃げることのできない敵)は、破壊されたユニットに応じて均一な経験点をプレイヤー与えます。
  • 時間当たりの経験値取得の割合は、最長1ヶ月間の長期戦闘でペナルティにより-90%まで減少します。
  • あなたが敵と比べてより多くのダメージを与えれば、比較的短い戦闘であっても経験値取得レートの4倍差まで補うことができます。

うまくいけば、これらの変更は、長い戦闘と短い戦闘の根本的な違いにバランスをもたらし、総当たり攻撃による負の影響を受けずにスマートにプレイするプレーヤーに報酬を与えることになります。
オープンベータパッチのプロセスにおいてこの変更がどのように感じられているかについてのフィードバックを得たいと思います。

マルチプレイヤーの非同期

バックエンドからの統計を見ると、1.5.1パッチにより改善されたようですが、(1.5.2パッチにより)Waking the Tigerがリリースされる前と同じレベルに戻ります。

しかし、私たち開発陣は依然として報告書を見ており、より様々なケースにおいて助けとなるようにいくつかの新しいツールを開発しました。

私たちは、1.5.2でのこの点についての改良に期待しています。
ここでもまた、オープンベータでのフィードバックを得たいと思います。

ドクトリンコストの変化

悪名高い、ドクトリンが自由に交換できるという脆弱性が解消されましたが、私たちは、現時点のドクトリン切り替えのコストがおそらく高すぎるのだろうと感じ、人々が変化を怖がっているのだろうと思いました。

公平な選択とするために、スタート時点の陸軍ドクトリンのコストをこれまでの半分とした。これによりドクトリン切り替えというものがプレイヤーが判断をおこなう対象へと変化する。

それ以外の理由としてはHOI4の中心テーマにあります。
つまり、あなたは歴史的時点で国家を率いるので、国家の現在置かれた状況に対処する必要があります。
軍の広範なドクトリンを変えることは、分割テンプレートや戦争のサポートや安定性のようなものです。

ここ文章がわかりにくく訳がイマイチなのですが、
要はドクトリンを変更するという選択がこれまでよりやりやすくなり、それは状況に併せて国家・軍の有り様を変更していくというHoI4が目指すゲーム性の再現~という目的にも合致するからOK。
ということなんだろうと思います。

ポーランドとドイツの国境変更

ドイツの歴史的な第一次世界大戦時の国境の再現を可能にするため、州を調整する努力がなされましたが、フォーラム内での議論が尽きずまだ完全な最終案には至っていないようです。
私(Bratyn)は私の個人的な開発時間の一部をつかい、私のマップペインティングスキルをブラッシュアップし、我々開発陣がすでに行ったことを改善することにしました。

現状

以下、どこの土地が突き出しすぎだとか、ここのラインが違うとか、土地の番地まで出てくるものすごく細かすぎて現地民以外にはちんぷんかんぷんな地形の話が延々と続きますのでカットします。
結局上の「現状」画像にあるようなプロヴィンスの境界が史実と異なるという問題があるようで、次の「問題点」画像に示すような1~4の箇所が議論の的になっています。

問題点

これらを踏まえて最終的に次の「最終案」画像のように変更されるとのことです。

最終案

なお、この地割変更により中途セーブデータでベータテストに参加すると予期せぬことが起こる可能性があるため、テストには新規ゲームでスタートして参加してほしいとのことです。

帽子!人々は帽子をかぶりたい!

ゲームに偉大な帽子を増やそうと我々は努力しています。
そこで我々はドイツのラインナップにPaul von Lettow Vorbeckを加えることに決めました。

大戦中のドイツ東アフリカにおけるキャンペーンで最もよく知られているvon Lettow-Vorbeckは、皇帝が帰国した後の決定システムを通じて採用が可能です。
彼が戦争中に戦った地形を考え、私たちは彼にジャングルラットの特性とかなり良い物流の能力値を与えることにしました。

当然のことながら、私たちがやるべき小さな変更や修正などもあるのですが、それらについては最終的な変更ログで発表したいと思います。

今回の日記は私達が取り組んでいることを強調する内容です。もしあなたが現状不満のある点があれば、現在取り組んでいる主な領域を紹介する先週の開発者日記をチェックしてください。

HoI4 開発者日記 第136回 Tigerのポストリリース 2018/3/14
Hearts of Iron IV(HoI4)のパラドックス社開発陣による開発者日記。第136回「Tigerのポストリリース」2018/3/14について紹介。1.5.1パッチとその次の1.5.2パッチについて触れられています。

来週は別のアップデート内容を紹介します。
私たちが別途作業しているモダンで本当にクールなものを披露する予定です。乞うご期待!

以上


感想今回は1.5.2パッチの内容について紹介でした。
ドイツとポーランドのプロヴィンスの変更とか細かすぎて日本人からしたらどうでもいい・・・と、思いがちですが、現地の人たちからすれば色々と譲れない点もあるんでしょうね。
確かに、竹島とか尖閣が日本領じゃないとか言われたら大問題ですしね・・・(´・_・`)
そして来週は、なにやらすごい発表があるような口ぶりですので、期待して待ちたいと思います。

HoI4 開発者日記 第137回 2018年3月21日分は以上となります。