HoI4 開発者日記 第126回 日本の改定 2018/1/3

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第126回目を紹介。

今回は日本の改定について。

HoI 4 Dev Diary - Japan Rework
Hello, and welcome to the first dev diary of 2018! Although considering today’s topic perhaps we should call it the first dev diary of the year Heisei 30. Whe...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2018年1月3日分 (第126回) 日本の改定

こんにちは、2018年の最初の開発者日記へようこそ!
今日の話題を考えると、おそらく平成30年の最初の日記と言えるでしょう。

日本を再設計

中国を覚醒するために拡張を決めたので、日本の国家方針ツリーをもう一度見直していくつかの小規模な改定といくつか高度な歴史の拡張を行った。
基本的に既存のドイツの国家方針ツリーに満足していましたが、日本はやや広範囲の改定を必要とするかもしれないと感じましたので、QA(品質保証)担当に既存のツリーの問題リストを作成するよう依頼しました。

QAは味わいと興味深い選択がツリーには欠如しており、そして本当にユニークなゲームプレイにはなっていないという点を指摘しました。
彼らの最終的な勧告はかなり短かった ― 全てをやり直す
私たちはそのようにしました。

ご覧のように、私たちは古いツリーと比較して新しい国家方針ツリーを幾分拡張しました。
南北戦争の選択は、それぞれ古いツリーの中では一つの焦点でしたが、現在では完全に枝分かれし、拡大されています。

軍国主義ルート

最初の基本的な選択は、軍隊の皇道派(“Imperial Way”)の派閥にどう対処するかです。
この派閥は、民主政府の最後の残党を取り除き、天皇を正当な地位に戻したがっていました(つまり、軍隊は実際の力を持っていましたが、19世紀の明治維新前の姿でした)。
歴史的には、この派閥の支持者たちは1936年2月にクーデターを行いました。
しかしクーデターを起こした以外の軍隊が支持を拒否したため数日で失敗しました。

透明性とプレイアビリティの理由から、我々は、クーデターを決まった日に起こるイベントとせず、フォーカスツリーの皇道派閥部分をサポートするかパージするかの選択としました。
派閥を掃除することで、歴史的な道のりを辿り中国を攻撃し、南方を襲い、彼らの資源のためにヨーロッパの植民地を奪おうとします。

ご覧のように、私たちは、日本を枢軸に加わるのではなく、歴史的な道のりで独自の派閥を形成させることにしました。
日本とドイツの協力は、現在の派閥体制にうまく収まりません。
日本は三国協定に加盟していたが、ソ連との戦争には参加しておらず、実際にドイツ軍は彼らのアジアでの勢力を使ってソ連を攻撃するための準備を隠していました。
軍事協力と技術的ノウハウの交換があった一方、西側連合国が協力した規模のようなものではなく、西側同盟国とソビエト連邦軍の軍事協力に近いものでした。

それでも、日本が三国協定に加わったのは歴史的事実なので、歴史的な道のりを辿りそうすることができます。
しかし、枢軸の派閥に加わるのではなく、ドイツ、イタリア、日本の間で一連の相互保証を作ります。
どちらかが侵略者ではなく攻撃されれば、彼らはお互いを戦争に呼び出すことができます(率直に言えば、条約の第4条にかなり近い)。

まだ完璧ではありませんが、我々はこれがより多くの問題を解決すると信じています。
特に、日本が奪取されるまではドイツはまだ戦っていないと考えられています(ドイツ軍が倒れたときに、軍隊を作って日本に避難するなど、面白い副作用を引き起こしました)。
日本と言えば、今やAIの日本は中国に2度敗れたり、満州と朝鮮を失いかつ中国内に領土を持っていないときには降伏します。
プレイヤーも同じ決定をすることができますが、もちろん苦い終わり(壊滅?)に向かって戦うこともできます(AIは常にできるだけ早く決定を選択するようにスクリプト化されています)。

中国との戦いにペナルティを導入

中国自体の戦争をシミュレートすること自体は挑戦的なものです。
安全な中国を保有する日本は少なくとも歴史的に行いたかった目標分を遥かに上回る、多くの資源を投入することができるため、私たちは戦争を長いキャンペーンのように感じさせたい(歴史的には、1937年から1945年まで)。
それと同時に中国は軍にひどいペナルティを負った状態からスタートします。つまりこれは日本が中国を簡単に破ることができたことを意味します。
しかし史実はそうならず、日本は急速な勝利を期待したものの中国軍が非常に頑強に戦ったためにとても驚く事になった。

そこで中国でのキャンペーンを歴史的なものにし、中国のプレイヤーが日本の最初の侵攻から生き残る機会を与えるため、我々は日本に中国の戦い(具体的には中国軍との戦い)に対していくつかのペナルティを与えました。
これらのペナルティは、世界の緊張を高めている意思決定を通じて削減できるため、世界の緊張をあまりにも早く上げることに対して、キャンペーンを速やかに終わらせる必要性とのバランスをとる必要があります。
私たちはこの要素が、日本軍が相手方を抑圧し軽蔑していた事 ― 中国に対して適切な努力をするだけの価値は無い ― を表していると感じています。
もちろん、あなたはプレーヤーとして、あなたの軍隊を実際にこの紛争に対して真剣に向き合わせる事ができますが、世界の残りの国は中国における全面的戦争の考え方を好まないかもしれません。

ソ連との戦い

あなたが皇道派と共に戦うことを決めた場合、あなたはソ連に対抗するため北に向かって攻撃を行う(皇道派の多くがソビエトがより大きな脅威であると信じていた)。その後、あなたは南側の側面を安全に保つためにいくつかの外交作戦を行う必要があります。
歴史的には、日本は中国の北部を確保する間、ソ連との間で非侵攻協定を締結しており(少なくとも一部はノモンハン事件によって日本の軍隊に深刻な欠点が明らかになったため)、ソ連に対処している間は邪魔をしないという西側諸国の圧力に耐えなければいけない。
ロンドン海軍条約はあなたの造船所の能力ををかなり劇的に減らすが、あなたが共産主義者と戦争に行く際に、連合国側が見て見ぬふりをしてくれるという状態を保つために締結しなければなりません。
戦争で実際にいくらか役立つことができるようにするため、あなたの満州の “味方”にいくつかの装備を送る必要があります。

その後、ドイツとの技術交流プログラムに参加することができ、さらにドイツのロケット砲にアクセスすることもできます。
この道を踏み出すことで、シベリアの資源確保の見通しが立つでしょう。

民主主義ルート

しかしもちろん、あなたは歴史の流れにとても緊密に従う必要はありません。
民主的なルートを辿るツリーは、日本の軍事化に対すして民間政府勢力から大きな反発があった可能性があったと仮定している。
結局のところ、日本はゲーム開始10年前の大正時代には民主的選挙制度と議会が機能していたのだ。

しかし、軍国主義者は静かに立ち去らず、彼らの地位を放棄するよりもむしろ満州国へと逃げるだろう。
海外に行くことができない、あるいは行かない軍隊は内戦を起こすでしょう。
それの内戦が処理されると、あなたは憲法を書き直して、ヨーロッパ人のように皇帝(天皇)を憲法的君主にすることができます。
その後、英国に手を差し伸べようとするか、20世紀初めにはうまくいった日英同盟を復活させるか、西洋太平洋条約機構(WPTO)を設立することができます。

しかしまだ満州軍の問題を残しており、それは今も関東軍によってしっかりと運営され、あなたが国から追放した軍人たちによって支えられています。
あなたは、自由に対する脅威であるこの古き良き時代の自由の爆弾を取り除かなければいけません。
その後、植民地時代の支配体勢から現地の人々に対し、自由と自立の約束を実践することができます。
あなたが民主主義を持ちそれが機能しているのならば、なぜアジアの他の国々はそれができないのか?

共産主義ルート

最後に、共産主義の国家方針ツリーがありますが、それは見た目ほど遠くないものです。
歴史的に、日本は他の世界と同様に左翼扇動の盛り上がりを経験し、日本の共産党は新しい法律が共産党を効果的に禁止するまではいくつかの成功を収めた。
1936年までに秘密警察機関により行われた広範な措置により、共産党が設立したところでほとんど脅威は無かった。
しかし、それは革命の可能性がないということを意味するものではありません。
多数の若い役人が農民や労働者階級をバックグラウンドに持ち、社会主義を未来の道と考える多くの公務員がいる(あるいは、日本型資本主義の支配的大企業である財閥)。

歴史的に、これらの公務員はすぐに満州に追放され、政治的立場を再考するために秘密警察によって「励まされる」。
したがって、日本の共産主義革命への第一歩は、信仰を故郷に戻した公務員を呼び戻すことではなく、多くの軍国主義者を長春(満州国)に派遣することです。
より若くて革命的な多くの役人が昇進するように手配することで、内戦が勃発した際非常に忠実で合理的に働く将軍3名を得ます。

次のステップでは、内戦を引き起こします。

ここで、軍国主義者を満州国に送る決定は、祝福と呪いの両面がある。つまり中国における日本の保有は天皇に忠実な部隊に引き継がれているが、その一方で保有はしているにもかかわらず故郷の内戦に対して干渉することはできない。
日本本国を確保した後もう一つの問題に直面します。
天皇は何千年もの間日本の政治システムの基盤であり、あなたは彼を辞職させた。
よって、あなたの政府は国民の目にはほとんど正当性がないので、信頼を回復し国を安定させなければならないでしょう。
国家を安定させた後にだけ、あなたはアジアの本土へ赴くことができ、ソビエトか中国の共産党と提携する前に、軍国主義の害虫を根絶することができます。

海軍と陸軍の不仲

日本軍は、帝国軍と帝国海軍の関係がうまく行っていない事有名であった(例えば、ミッドウェイ海戦が計画通りにうまく行かず、そこに細かな妨害があったと1943年に海軍が告白している)。
ゲームでは、これは資源の優先順位付けと両当事者間の競合の解決に関するいくつかの決定によって表現されます。
各決定は、陸軍と海軍の間の権力のバランスを表す国家の精神に影響を与えます。
これは工場の生産や造船所の建設速度に影響します。

最後にリサイクルの一環として、日本独自の2つのユニット、自転車大隊と魚雷巡洋艦を追加して日本にもう少し味をつけることにしました。
前者はあなたが期待するものです:自転車に乗っている歩兵は通常の歩兵よりも少し速く動くが、少し多くの資源が必要です。
彼らは現在日本だけに限られていますが、テクノロジーツリーに置く場所を見つけることができれば、世界中の人々がアクセスできるようになります。
魚雷巡洋艦は日本海軍の流行で、40本以上の魚雷管(一辺20本)を備えた多数の軽巡洋艦を補修しました。
日本の魚雷へのボーナスとともに、敵を深刻な地上戦へと誘うことができれば、彼らは公海上で非常に恐ろしい戦力になる可能性があります。

このプロセスでは、日本の航空のファンを悩ませた小さな問題も修正しています。

ドイツのフォーカスツリーと同様に、新しいフォーカスツリーの一部は、Wiger the Tiger DLCの一部になります。
新しい国家方針の大半は無料部分ですが、政治的な部分の共産主義および民主主義のツリーは有料となります。

Waking the Tiger 後の方向性

今後のDLCでバニラ版のフォーカスツリーを再加工していき(これはもちろんコミュニティの承認を得ていると仮定しています)、DLCの全体的なテーマにどの国が当てはまるのかを見ていきます(ソ連を改革することは、海軍に焦点を当てたDLCには合わないでしょう)。
Waking the Tigerのリリース後の今後の計画についての更なる更新を期待してください。

DLCで追加された国家方針ツリーは、新しい機構に対応するために必要に応じて時折更新されます(たとえば、ハンガリーはオーストリア – ハンガリー連合を形成する場合、オーストリアの将軍を継承します)が、おそらく大きな改革は見られません。

今週は以上です。来週はトリックのバッグ その3を見ていきます。

以上


感想日本に対して大幅な改変、というかほぼ全面的に作り直しとなったようです。
こういう感じで、リリース後でもガンガン良い方向に作り直すというのがパラドのすごいところですよねえ・・・
日本については民主主義と共産主義路線は残念ながら有償部分となりそうですが、正直Waking the Tigerを買いたくなってきました。パラドの思う壺ですね(・_・)
なおフォーム内で今上天皇が即位した1月8日までは平成29年扱いだから日記の平成30年という表現は間違っていると堂々と大嘘を言ってる人がいて、しかもそれに対して「参考になった」マークが多くついているという無茶苦茶な事になっています(ヽ´ω`)
こういう嘘を平気でつく人間ってどこにでもいるんだなあと思いました。
「Know your rule and shut your mouth!」って感じですわ(・_・)

HoI4 開発者日記 第126回 2018年1月3日分は以上となります。