HoI4 開発者日記 第173回 Man the Gunsの大総括 2019/2/20

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第173回目を紹介。

今回は2月28日にリリースされるHoI4の新DLC、Man The Gunsの内容を総括したものとなります。

HOI4 Dev Diary - Man the Guns MEGA RECAP
Hi everyone, next week it's time for the release of Man the Guns. This has been quite a long campaign as we wanted to tell you all about it before we...

先週の第172回の紹介記事の最後でも触れましたが
今回の日記は今までのMan The Gunsの内容を網羅したものであり、
内容としては個別記事の内容と被っています。

以下、パラドックスフォーラムの内容を意訳したものとなります。
正確を期すよう努めていますが詳細はパラドックスサイトの原文をお読みください。

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2019年2月20日分(第173回)

今回の日記担当はHoI4″総帥”のpodcatさんです。

冒頭のあいさつ

こんにちは皆さん。来週はMan the Gunsのリリースの時がやってきます。
私たちは昨年のPdxConで実際に開発に入る前に皆さんに紹介したため、これはかなり長いキャンペーンとなりました。

MTGはWaking the Tigerよりも約6つ多い開発者日記となりました。
そしてこの日記がおそらく私が行った最も早い日記です。

MTGはWaking the Tigerとほぼ同じサイズと範囲ですが、非常に異なる課題があります。
そのうちのいくつかはデザイン面でより大変なものです。
燃料(すべてに影響を与える)や海戦(ゲームの30%を占める)のようなものの変化により、多くの大きなバランスに影響を与えます。

とにかくすべてのものを要約する時が来ました。
(小さな変更、バグ修正などは来週のパッチログに載せる予定です)。

より多くの詳細については個別の詳細が書いてある日記へのリンクを残すようにします。

国家方針ツリー:USA

米国の国家方針ツリーは実質的に再設計され、歴史的なプレイと歴史的でないプレイの両方でより面白いゲームを提供します。

新しい議会の仕組みが批判の大きい立法を押し進めるために必要な支援を得るために取り引きを行うことを強います。
戦争計画は今やあなたに戦争目標を与えるのではなく他の国々との紛争に備えることを可能にします。
米国は早くから世界情勢により深く関与することを選ぶことができ、動員のためにより高い政治的コストを犠牲にして戦争に介入するかもしれません。

2つの古い歴史の物語はあなたが憲法を書き直し、議会と緊密になり、そして20年ほど早く国を分離することによって、米国を共産主義国に変えることを可能にし、そして結局第2の南北戦争を引き起こします。

一方で、ファシストのシルバーシャツ団と公然と同盟し、露骨に有権者を抑圧すれば、国があなたの法案を通すのをやめさせようとしますので、あなたは人生を賭けて戦うことが必要になります。

国家方針ツリー:イギリス

英国の国家方針ツリーは作り直され、拡大されました。
既存の産業用、軍用、および帝国に関する支部の効果と要件は、多くの焦点をより魅力的でやりがいのあるものにするために更新されました。
海軍支部は新たな焦点で大幅に拡張されました。
そしてSASと参謀総長委員会を反映した新たな焦点が軍事部門全体に追加されました。

さまざまな代替歴史ストーリーのための新しい道筋が追加されました。

あなたの唯一の選択肢として帝国に焦点を当てるのではなく、今では短期的な報酬と長期的な同盟国を得ること、あるいは単に植民地化を解除することによって戦争の地理を劇的に変えることも可能です。

植民地化しないことにした場合は、帝国連合を追求し、さまざまな自治体をあなたの国に統合することで、ホームルールの概念を代用することもできます(コアを与えることを含みます)。

二次的な民主化ルートも追加されました – つまり植民地があまりにも強くなる前に新興の独裁政権との戦争を追求することを通じて主導権を握ります。

さらに、Abdication Crisis(退位の危機)において拒否することによって王室の独裁体制を確立すること、モスレーの英国ファシスト連合の人気を広めるためにBlackshirt行進を使用すること、または彼らの要求に応じて再軍備の援助のために労働組合に請願すること、などを経ることでゆっくり共産主義に傾倒していきます。

国家方針ツリー:メキシコ

真新しいメキシコの国家方針ツリーでは、経済、不安定性、政治改革の問題がラザロカルデナスの革命家たちを優先します。

外国の石油会社は国の富を浪費しており、地域政府や反逆軍の将校たちは中央政府の権威に反対しており、労働者や農民といった支持基盤に対する与党の理想的な約束は権力が持つ現実と調和しなければなりません。

もしメキシコが国内の問題を克服することができれば、彼国は世界の大国と交渉してあらゆる会議の席に立つことができる、あるいは狂信的な帝国主義者を拒絶して代わりに長い苦しみにある周辺国を統一し、ラテンアメリカは自分の力で大国になれます。

メキシコはまた私達が国家方針ツリーのいくつかで新たな新機能を使用する国の一つです。
つまり資源を他の国が所有することができます。
これは国家方針を通して制御されます。

国家方針ツリー:オランダ

真新しいオランダのフォーカスツリーがMTGに追加されました。
ゼロから設計されたそれは、オランダの政府が現時点で直面している挑戦を実に特徴化します:大恐慌、弱い政府、中立性、そしてとりわけ麻痺状態の平和主義などです。

オランダをめぐるイギリスとドイツの綱引きは、さまざまな歴史的および非歴史的な政治的ルートを切り開きます。
オランダの植民地帝国の再征服によるファシズム、ヨーロッパの西側に孤立したコミューンであることの挑戦を伴う共産主義-つまりソビエト連邦の後継者、同盟国の有無にかかわらず民主主義を目指す、そしてウィルヘルミナ女王の強力な指導の下で、昔の帝国制を用いてドイツに対する反乱を起こすことを含む君主制のルートなどです。

敵の侵攻により、あなたがまだ準備ができていないとわかった場合は、歴史的に考えられているように、ツリー内のさまざまな焦点を使って亡命政府として戦うか、あるいは政府全体を東インド諸島に移動させます。
あるいは、国の規模を考えずに本土を産業大国へと築き上げると、事態が悪くなった場合すべてが失われる危険性があります。。。

提督の特性とスキル

提督はいまでは将軍と似た個人的な特徴を持っています。
しかし将軍とは異なり、提督は海軍戦の分野をさらに専門化することができ、割り当て可能な特性を持ちます。

将軍と同じように、レベルごとに1つの追加特性スロットがアンロックされ追加の特性を割り当てることができるようになる前に、特定のタスクを実行することによって最初の特性を獲得する必要があります。

単一スキルレベルの古いシステムも変更され、4つの別々の値に分割されました。
攻撃、防御、機動と調整、そしてさまざまな利点があります。
提督がレベルUPを獲得したときにスキルポイントが獲得されます。

船とシップデザイナー

調査やアップグレード方法が根本的に変わりました。
固定化された状態で船に乗るのではなく、船体と船のモジュールを調べ、必要なタスクを実行するために船を作ります – 輸送船から対空支援の提供を専門とする高速戦艦までに至るまでです。

モジュールには、主砲のバッテリーから、敵を見つけるための飛行機のカタパルトやレーダーシステム、そして機雷を敷設し掃討するための機器まで、あらゆるものが含まれています。
船体は使用可能なモジュールが制限されています。モジュールと船体は、広範囲にわたる新しいテクノロジーツリーによってアンロックされます。
この変更の一部として、システムはデザインと研究の目的のために重巡洋艦と軽巡洋艦あるいは戦艦と巡洋戦艦を区別しなくなりました。

より有能な船はより多くの費用がかかるので、船を早く進水させるためには妥協しなければならないかもしれません。
私たちは新しいシップデザイナーを披露した後、どの駆逐艦が魚雷で積み上げられているか、そしてどれがあなたの低コストな掃海艇であるかをより簡単に区別するため、デザイナーにアイコンでタグ付けする機能を追加しました。

海軍条約

1936年の主な海軍力は、ロンドンとワシントンの海軍条約を代表する国家精神で始まりました。
この精神は、主力艦(戦艦、空母、巡洋艦)に許される最大コストと、許される主力艦の数を制限します。

あなたは海軍条約から抜けることによって制限を取り除くことができます。
しかし、これは他の国々にも同様により強力な船を建造させる事を可能にするでしょう。
ファシスト諸国は代わりに条約を欺くことができ、彼らは許容される船の最大限度に関して隠されたボーナスを与えます。

条約に加盟していない国が強力な艦隊を建造した場合、その国は条約に加わるよう招待される可能性があり、条約で許可されている主力艦の数を超えると他の海軍から強力な対応が求められます。

船の改装

新造船設計システムを使用すると、新造船を作るコストのほんの一部のコストで、旧式船の能力をより最新の機器でアップグレードすることができます。

補充を命じられた船は、艦隊を離れて生産ラインに現れるでしょう。
彼らが何らかの損害を受けたならば、改修を行う前にその船はまずきちんと修理をされなければなりません。

このシステムは、巡洋艦や戦艦を空母として再建するためにも使用できます。

機雷と掃討

私たちはゲームに海上機雷を追加しました。
関連テクノロジーを研究した後、あなたは海域に機雷を置くか、またはそれらを掃討する能力を与えるため特定の船のタイプに機雷レールと機雷除去装備を加えることができます。
同じタイプのモジュールが増えることで、機雷の配置や除去の速度が上がります。

地雷は海域ごとに敷設され最大1000個の地雷が敷設されます。
敵の機雷があるゾーンで船を操ることは減速させ、より小さな船にとって致命的なダメージを受ける危険性があります。

監視された状態

これは平和的取り引きで国家を傀儡にするときのオプションとなる、新しい自治レベルのみの民主主義です。
監督下の国家は実際には搾取を伴うことはありませんが、抜け出すことができない方法で国家を党派とイデオロギーに閉じ込め、また支配国の持つイデオロギーに切り替え、他のすべてのイデオロギーを排除するために党派に重いイデオロギーへの偏流を与えます。
しかし監視下にある州は自然な自治権への回帰性を持っているので、結局は完全な自由へ至り、やがて派閥を去ることができるでしょう。

亡命中の政府

Man the Gunsは派閥リーダーによる亡命政府の仕組みがあります。
歴史的には枢軸軍が征服している多くの国々、フランス、ギリシャ、ノルウェー、オランダ、さらにはチェコなどは少数の部隊を追放します。
これらは軍隊だけでなく空軍と海軍にも適用されます。

最も有名なのはおそらくポーランドです。
彼らはほぼ25万人を数え、とりわけフランス、ノルウェー、北アフリカ、ノルマンディー、そして北ヨーロッパに移りました。
一方、ポーランドのパイロットは特にイギリスのための戦いにおいて彼らの優秀さを証明しました。

この機能の主な焦点は、例えばドイツによって征服された国々が受入国において機能し、彼らに力を貸すことができるという点で、民主主義にさらなる力を与えることです。

亡命中の各政府はある程度の正当性を持っています – 本質的に彼らが合法的な政府として世界の政府によって認められています。
正当性が高ければ高いほど、あなたは亡命中の政府からより多くの利益を得るでしょう。

亡命政府としてで遊ぶことも可能です。
これは私たちはシングルプレイよりもマルチプレイでより人気があると思います。
あなたはかなり自分自身の動きが制限されていますが、私達はそれがゲームとして可能であることを確かめ、そしてメリットのいくつかも提供したいと考えていました

亡命者のいくつかは土地を全く持っていないので、あなたは部隊を武装させるために機器の貸し出しをマスター国に頼る必要があるでしょう。
あなたが完全に土地がないのなら、あなたはあなたの正当性に基づいてもわずかな人的資源を手に入れることになります(オランダやフランスは必ずしもそうではないでしょうが、ポーランドはおそらくこの立場にあります)。
亡命国は彼らの国の画面から彼らの正当性を追跡(確認)することができます。

水陸両用車

水陸両用バージョンの戦車や機械設備を研究することが可能になりました。
これらは特殊部隊の制限に反する新しい大隊を装備するために生産の必要があります。
これらの大隊は通常の海兵隊と似た水陸両用の攻撃値を持ちますが、それ以外の親型モデルと値を共有します。
しかしながら、これらは非水陸両用のバージョンよりも生産するのに多くの費用がかかり、そしてより多くの燃料を消費するので、これらの一般的な部隊としての有用性は少なくなります。高度に防御された海岸線を突破するためにより有用となります。

ドッキング権

新しい外交オプションを使用すると、国家にドッキング権を要求できます。
これは、軍事進入の小規模版によく似ています。
この場合は、その国でのみ船舶のドッキングが可能になります。
他の国で行われた損傷船の修理には、ホスト国が料金を支払わなければなりません。

海軍アクセス

特定の海域に対して制限しているかブロックしていると宣言することができます。
海を渡って移動したり輸送船団のルートを計画するときに経路探索アルゴリズムは制限付きとマークされたゾーンを避けようとしますが、それがゴールに到達する唯一の選択肢である場合はそれらを通過します。
ブロックされているとマークされたゾーンは常に尊重しそれらを通過しません。

遠征軍の要請

同盟国は多くの国で構成されており、それらを調整することは困難です。
Man the Gunsではあなたの部隊を組織するときに直接複数の国々からの遠征部隊を要求する能力を加えます。

これはあなた自身の軍隊が無くても機能するので、もしAIがそれを持っていてあなたに軍がいないのであればそれらの遠征隊をある地域に向かわせるよう頼むことができます。

派閥のオーナーになる

派閥指導部はもはや恒久的に固定されていません。
軍事力と経済力の両方において、現在の派閥指導者よりもはるかに強い国は、200政治力ポイントを支払うことで派閥の支配を引き継げます。

艦隊の誇り

主力艦をPride of the Fleet(艦隊の誇り)に指定できるようになりました。
Pride of the Fleetを持つことはあなたに5%の戦争サポートを与え、さらに経験値獲得が速くなる一方、船が50%クリティカルヒットを受ける可能性を減らします。
Pride of the Fleetを失うと、戦争支援に一時的なペナルティが科せられます。

多くの国では、すでにPride of the Fleetに指定された船があります。
指定を変更するには政治力ポイントがかかります。

燃料

燃料はエンジンを持つほとんどすべてのものによって使用される新しい資源です。
私たちはそれをカバーする2つの開発日記を持っているので、最初と2番目、そしてより最近のものをチェックしてください。

燃料はあなたの国と特別なサイロ建物に備蓄することができ、あなたの空軍、艦隊、戦車とトラックを効率的に動かすために必要とされます。
石油や合成製油所から作られています。

トレードオフとして追加の資源があるので燃料を買う余裕がある場合に使えるよう、オプションとして電動砲/ 電動対空砲と電動対戦車砲もゲームに追加しました。

燃料はMTGを持つ人々のための学習プロセスであり、あなたが慣れ親しんでいるかもしれないビルド順序に関する多くのことに影響を与えるでしょう。
始めるときにはツールバーのツールチップが良いガイドになるでしょう。

新しい海軍戦闘

海軍の戦闘システムを完全に作り直しました。

戦闘フィールドは今ではより良く影響を表現できるようになり、範囲や役割で分割されます。
ポジショニングやスクリーニングのようなもので、実際の値に抽象化され、あなたは自身の艦隊が持っている火力の種類の概要を確認できます(すべて異なるルールを持ちます)。
戦闘が始まる前に地図上において発見の段階があり、潜水艦を今までで最も強力にゲームの中心にしようと努力してきました。

特殊部隊、新しいUI

艦隊は提督によって管理されるより小さな特別部隊に編成されます。
私たちはインターフェースのマッチングを陸上部隊に近づけるようにしてきました。そして今やあなたの戦力を確認し海軍部隊を組織することができます。

タスクフォースは自動的にそれらを強化するのに役立つ編成を保存することもできます。
このシステムでは船のデザインにタグを付けることができるので、掩護船が機雷用の船と混同されないようにすることができます。

新しい海軍任務

海軍戦闘の改良と燃料の追加に伴い、海軍任務にいくつかの変更を加えました。

Search and DestroyはStrike Forceに置き換えられました。
これは、タスクフォースに割り当てられた作戦範囲の近くの海軍基地に移動し、敵が彼らの担当する範囲内で発見されるまで待つように命じます。
たくさんの火力を持った大きな船はいつも海上にいるわけではないので、これは燃料を節約します。

長い間要求されていた機能として侵攻支援任務があります。
これは最初に攻撃に対して侵攻護送隊を護衛し、次に部隊が沿岸近くで活動しているときに銃撃戦の支援を提供するようにタスクフォースに命じます。

機雷戦は、機雷を敷設して掃討するための新しい海軍任務を通じても行われます。
より高いテクノロジー水準において、これらは航空機にとっても利用可能ですが、効率は劣ります。

海軍と空軍の訓練

あなたの船と飛行を訓練することが可能となりましたが燃料代と時折事故に見舞われます。
訓練はドクトリンをスピードアップするための経験値を手に入れ、平時に設計変更を行うための素晴らしい方法です。

新しい船の生産と名称

私たちは、歴史的な結果を踏まえて船の生産を変更しました。
主力艦を再構築するのは比較的困難でした。
いまでは主力艦には最大5隻の造船所を割り当てることができますが、他の船には10隻の制限があり、護送船は特別な上限はありません。

これと合わせて、すでに生産キューに入っている間に船に名前を付けることが可能になりました。
これは通常あなたが最も時間があるときですのでとても便利な機能です。

船の新修理システム

船はもはや自動的に無料では修理されません。
代わりに、あなたはそれらを修理するために海軍造船所を割り当てる必要があるでしょう。
損傷した船は修理のため最寄りの海軍基地に向かいます。
海軍基地内で船の修理に割り当てることができる海軍造船所の数は、海軍基地のレベルによって異なります。
海軍基地に過負荷がかかっている場合は、船を別の海軍基地に移動して迅速に修理することができます。

船の修理には資源がかかりません。

海軍地形

すべての海域が同じように作られているわけではありません。
地理に応じて、すべての海域には4つの地形タイプ(深海、浅海、フィヨルド、群島、通常の海)のいずれかが割り当てられました。
地形の種類ごとに適切な船の種類が異なります。

地形の種類以外にも、北極海の流氷や熱帯地方のサメなど、特定の海域に一時的な補正があります。

経験値によるテクノロジーブースト

経験点を使ってテクノロジーをブーストできるようになりました。
特定のテクノロジーにXPを費やす事で研究速度をスピードアップします。
すべてのドクトリン研究は経験値から恩恵を受けているため、100XPを費やしての関連分野の研究スピードを100%上げることができ、研究時間が半分に短縮されます。

ドクトリン研究の時間はそれを補うために調整され、早く戦争に出かけ、激しく戦っている国々にとってドクトリン研究における初期の優位性を与えています。

襲撃の影響

生産能力がどれほど強力であっても、襲撃をより影響力のあるものとして無視できない存在ににするため、新しい戦略的効果が追加されました。
襲撃は護送襲撃の対象となる国々の戦争支援を低下させます。
これは、たとえあなたが輸送船団の備蓄を持っていても、あなたはあなたのルートを保護する必要があることを意味します。

地図上での「決定」

イギリスのためのBlackshirt 3月決定を作成することで、決定の膨大なリストが雑然としていて厄介になることが多いことに気づきました。
さらに多くの場合決定がどこに影響を与えるのかが気になりますが、地図の位置によって両方の問題を解決できます。
マップ上の決定は、決定リストの混乱を軽減することと、決定の効果がある場所に関する即時情報をプレイヤーに提供することを両立します。

国家方針の解約

ミスクリックや欲求不満を減らすために、私たちは手動で国家方針ををキャンセルする機能を追加しました。
これにより最長10日間の累積的な国家方針の進捗状況があなたに帰ってきますが、これ以上のものではありません。
したがって今後の計画をちゃんと考えることはまだメリットがある行いとなります!

ゲームプレイのルール

私たちはプレイヤーのゲームプレイ体験をさらにカスタマイズし、マルチプレイヤーセッションをより簡単にまとめるためのたくさんのオプションを追加しました。
これらのオプションはルールの形式を取ります。

これにより、特定の政治力学の仕組みを変更したりブロック化したりできます。
たとえば、戦争目標の生成を特定の最低限の世界的緊張に制限したり、砦のレベルを特定の値に固定したり、パラシュート降下を許可するかどうかを決定したりできます。

このシステムでは、国が個別にとるべきAIのルートを設定できるため、カスタムシナリオを非常に簡単に作成できます。

マップモード

新しいマップモードをいくつか追加し、どのマップモードにすばやくアクセスできるかを設定できるようにしました(EU4とよく似ています)。

実績

新しいフォーカスツリーとMTGに追加されたさまざまな新しいメカニズムに焦点を合わせ、21の実績が追加されました。
さらに、私たちはヨーロッパのさまざまな飛び地(広州湾、マカオ、香港)の所有権をもう必要としないようにするためにいくつかのより「辛い」Waking the Tigerの実績(BattlecryとAwakeとAngry)達成について調整しました。
これはうまくいけばより人間的なものになるはずです。

新しい国家タグ

新しい英国の国家方針ツリーに必要とされるよう非植民地化を可能にするために70の新しい解放可能なタグをゲームに追加されました。
私たちはイギリスの植民地を追加するだけでは済ませないことにしましたが、その代わりに幅広い種類のものを追加しました。
その主な要素は完全に解放可能なアフリカです。

新しいタグに対応するために、20以上の新しい州と10近くの新しい州が追加され、他の州と州の境界線に対して大幅に調整が加えられ、さまざまなマップの変更が行われました。
さらに、すべての国が首都を持つことを確実にするために(マイナーな)勝利ポイントが解放可能なタグに追加されました。
そして他のさまざまなVP調整が以下の地域になされました:ギリシャ、トルコ、ポルトガル、メキシコ、ポーランド、チェコスロバキア、ヨーロッパロシア、スペイン、フランス、アメリカ、ドイツ、イタリア、中国、シベリア。

新しいタグの全リストは次のとおりです。

  • カザフスタン
  • ウズベキスタン
  • タジキスタン
  • キルギスタン
  • トルクメニスタン
  • バングラデシュ
  • スリランカ
  • ビルマ
  • パプアニューギニア
  • モルディブ
  • フィジー/メラネシア
  • クウェート
  • カタール
  • アラブ首長国連邦
  • キプロス
  • ベリーズ
  • ジャマイカ
  • バハマ
  • プエルトリコ
  • グアドループ
  • トリニダードトバゴ
  • ガイアナ
  • スリナム
  • キュラソー
  • イギリス領アンティル
  • フランス領ガイアナ
  • モロッコ
  • アルジェリア
  • チュニジア
  • スーダン
  • エリトリア
  • ジブチ
  • ソマリア
  • ウガンダ
  • ルワンダ
  • ブルンジ
  • タンザニア
  • マラウイ
  • ザンビア
  • コンゴ共和国
  • ガボン
  • 赤道ギニア
  • カメルーン
  • 中央アフリカ共和国
  • チャド
  • ナイジェリア
  • ニジェール
  • ダホメ
  • トーゴ
  • アッパーボルタ
  • ガーナ
  • コートジボワール
  • マリ
  • シエラレオネ
  • ギニア
  • ギニアビサウ
  • セネガル
  • ガンビア
  • モーリタニア
  • ナミビア
  • 西サハラ(Sahrawiアラブ民主共和国)
  • マルタ
  • モルドバ
  • スコットランド
  • ウェールズ
  • 北アイルランド
  • スロベニア
  • ボスニア
  • マケドニア

ユニットモデルとアート

MTGに含まれている新しい国のための多くの新しい船のモデルとユニットがあります。もちろん、たくさんの2Dコンテンツがあります。

Music

Man the Gunsには 4つの新しいミュージックトラックが付属しています。

  • イギリス/アメリカにふさわしい一般民主主義の歌はかなり明るい。
  • ソビエト宣伝やフォークミュージックからインスピレーションを得て共感を得た共産主義のアメリカの歌。私は個人的にこれが大好きです
  • 素朴な軍事的な雰囲気、南部の郷愁とアメリカの曲の間の線を歩こうとする南軍のアメリカの歌。
  • はるかに暗くて不吉な一般民主主義の歌。(私たちは潜水艦をイメじーしていた)大きな圧力の下にある国にふさわしいか、英国の君主制が…悪に転向したような何かのためにふさわしい。

おわりに

Pheeew!取り込むべきことがたくさんありました!

最後に、来週はビッグウィークです。
そこで私たちはついにこの船を進水させ、このタイトルを出荷します。

水曜日にはいつものように開発日記があるでしょう。
それはすべての重要な修正と改良を含む完全なパッチログを持ち、そして木曜日にMan the Gunsをリリースします。


以上

振り返り感想

もうやだこの文量…😥

今回はMan the Gunsの内容全てを網羅した内容でした。
これまでの内容を振り返るだけというのは分かっていたものの、もしなにか新情報があったら…と思って基本的に全部訳すことに…。

急いで作ったので、おかしなところもあるとは思いますがご了承ください。

 

来週はパッチノートです。
一応開発者日記のナンバリングをつけるため記事は作るけど、詳細までは紹介はしない予定ですm(_ _)m

HoI4 開発者日記 第173回 2019年2月20日分は以上となります。