Hearts Of Iron IV 新拡張 DLC Waking the Tiger を発表

スポンサーリンク
更新情報

パラドックスフォーラムにHearts Of Iron IVの新しい拡張コンテンツについて案内がありました。(2017年11月15日付け)

Hearts Of Iron IV gets new expansion: Waking the Tiger
Earn Your Stripes in Hearts of Iron IV: Waking the Tiger STOCKHOLM - 15 November 2017 The Chinese Republic replaced the tottering empire...

中国をテーマにした内容のようです。どのようなものか早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

Hearts Of Iron IV 「Waking the Tiger」で昇進しよう!

  • 中華人民共和国は数十年前に崩壊した帝国に取って代わったため大きなチャレンジについては準備ができていません。中国もイデオロギー的には分断されており、積極的な隣人にとって食欲をそそる目標を提供している状態にある。しかし中国人はもちまえの回復力を持っており、祖国を保護するために結束することが可能です。
  • Hearts Of Iron IV 「Waking the Tiger」において、パラドックスの開発スタジオは、第二次世界大戦前の中国のフロントに焦点を当てた。日本は、他の列強が関与する前に帝国主義となり貪欲な状態にある。国家主義と中国共産主義のどちらが中国の国家を救い統一することができるのか、別の歴史を通して描いていく。
Hearts of Iron IV: Waking the Tiger – Announcement Trailer
  • Hearts Of Iron IV :Waking the Tigerはすでに予約段階で、価格は$19.99。主要なデジタル流通チャンネルで提供予定。
    パラドックスストアでの予約はこちら:HERE

DLCの内容について

Hearts Of Iron IV :Waking the Tigerのコンテンツは次の通り。

  • 中国国家焦点:分裂と脅威にさらされている中国は、人材と外交的柔軟性に関して大きな資源を持っている
  • 指揮の連鎖:指揮中将軍のスキルを使用できる「陸軍元帥」のもとに軍を集結させよう!
  • 決定とミッション:歴史的決定と国家ミッションであなたが国内政治を扱うか、特別プロジェクトを開始するとき際、政治権力を使う新しい場面が増えます。
  • 一般的な特性と能力:将軍の特性により強大な能力を解放。大きな柔軟性と創造性を可能にします。
  • 更新された日本のフォーカスツリー:市民政府の復旧や懸念されているソ連との同盟関係など、アジアにまつわるキャンペーンや代替歴史の流れを更に重視。
  • 更新されたドイツのフォーカスツリー:ヒトラーと追放された皇帝とを交換する要素を追加し、ドイツ帝国にとって新しい可能性のある歴史を提供。またはドイツのスターリンに対する民主化を導く機会を導入。
  • 順応:時間の経過とともに、兵士たちは砂漠や厳しい冬に生き残る方法を学び、ベテラン軍人は戦場での優位性を獲得する。
  • その他:戦場の装備、新しい音楽、効果音、そして航空義勇兵による空中戦システムの追加

Waking the Tigerには無料パッチ(1.5 Cornflakes)が付属する。

以上です。

パラドの歴史認識はどうなのか

HoI4に中国をテーマにした新ダウンロードコンテンツが登場とのことです。まだ発売日は未定となっているので続報を待ちたいところ。

気になるのは、パラドの販売ページを見てみると

中華人民共和国が分裂したのは日本の天皇の野心が理由

という書きぶりになっています。このあたりのHoI4開発陣の歴史認識がどうかというのは日本人としては色々思うところはあります。

パラドックス社には中国企業・テンセントが少なくない資本参加をしています。それにより中国寄りの表現になる可能性を注視しておいた方が良いでしょう。

ゲームの世界とは言え、世界中の多くの人々に少なくない影響を及ぼす事になります。
私達日本人はコンテンツが妙な事になっていないかよく注意しておく必要があると思います(・_・)

[画像はパラドックスフォーラムより引用]