HoI4 開発者日記 第142回 Man the GunsとPdxCon 2018/5/23

スポンサーリンク
更新情報
約1ヶ月ぶりのHoI4開発者日記となりますが、まだ正式な毎週ペースの再開には時間がかかるようです。

Hearts of Iron IV 開発者日記 第142回目を紹介。

今回は新DLCである「Man the Guns」と、先日開催されたパラドックス社のイベントPdxConについてです。

HOI4 Dev Diary - Man the Guns and PdxCon
Hi everyone! We are now back from PdxCon which was an amazing experience. If any of you were there, thanks a lot for coming! I had a lot of fun and...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2018年5月23日分(第142回) Man the GunsとPdxCon

PdxConでのチャレンジ

皆さんこんにちは!私たちはPdxConから戻ってきました。
とても素晴らしい経験でした。
もしあなたが現地で参加していてくれたなら、来てくれてありがとう!
私はHoIのファンと多くの楽しく興味深い会話をしていました。
また、ポーランドが1939年にドイツに対して30分でできるだけ多くの死傷者を出すため、我々は非常にクールな挑戦をしました。
勝者は巧妙な戦術と強力な騎兵隊を使って180万人を突破していました!
ポーランドを救うより良い方法は、ポーランドの騎兵隊がドイツの戦車の周りを周回して襲うことです。

※以下ポーランドの伝説の話が語られるのですが、意味が難解で分かりにくいのとHoI4の内容に直接関係ないのでカットします。

新DLC、Man the Guns

また、HOI:Man the Guns という次の大きな拡張について発表しました。

マン・ザ・ガンズは、主に海軍の戦争に焦点を当てるだけでなく、英国と米国に関して作り直し、彼らにもっと楽しい選択肢を与えます。
他にも新しい焦点がありますが今は秘密です。
我々は多くの人々がpdxconで非常に興奮していたゲームに対してまだ燃料を追加していきます。

 

イギリスと米国は、ドイツと日本と同じように扱う予定です。
例えば、1.6’Ironclad’アップデートの変更された国家方針ツリーや歴史的経路、新しいif歴史への道などといった感じです(人々はおそらく2回目のアメリカ内戦の可能性を考えているでしょう)。

 

このテーマについては、いくつかの理由から海軍と一緒に行うことに決めました。
その第1の理由は、このテーマが米国に非常によく合っていることです(そして、米国はもっと楽しいゲームプレイが必要な国のリストの最上位にありました)。
第2に、以前の拡張と更新ではすでに陸軍と空軍の両方に大きな変更を加えてきたので、第3のタイプの戦闘についてスポットライトを当てる時が来ました。
また私の意見ではその要素ー海軍については、現在HoIの最も弱い部分でありまた私たちが本当に輝かせたいものなのです。

 

私たちは現在はまだ開発の非常に早期の段階なので、状況は今後変わるかもしれませんが、ここでいくつか言及しておきたいことがあります(以下は拡張と無償アップデートの内容が混在しています)。

  • 船の設計と古い船を再設計し最新のものへと維持する
  • 海軍の地形:異なる海は異なった挙動を示し、異なる船舶と艦隊構成に適合する
  • 改良された海軍戦闘
  • 艦隊をより良くコントロールするためタスクフォースに分割する
  • 新しい海軍スポッティングシステム
  • 航海ルートを制御し、ユニットが移動したくない領域をブロックする能力
  • 燃料の要素。明らかに私たちのための大規模なバランス調整の仕事であり、またプレイヤーにとって大きなゲームプレイの変更になるでしょう。
  • ゲームプレイのルール、特にマルチプレイヤーでグループのゲームを管理する際に役立つものを実装
  • もちろん更に将来明らかにされる他の要素

まだリリース日についての情報はありません。
まだ早期段階なので、上記のほとんどは変更される可能性があります。

私は、私たちが何をしているかについてPdxcomにて可能な限り話したかったです。
来年もっと皆さんが会場に来てくれることを願います。

HoI4のリリースが100万本を突破

我々は、HOI4が100万本の販売本数を記録したと発表しました。
また、ビッグベン、Iwo Jimaの瓦礫でイタリアの兵士たちが旗を掲げるという、超豪華なヒストリージオラマによって記念日を祝いました。
私はそれをみて、HoI4の中心の1つであるロンドンをイタリアが侵略したというif歴史を感じました。

上の画像でこのジオラマの様子を見ることができます。このアニバーサリー・エディションのジオラマは実際に予約可能です。こちらのリンクから確認してください。

https://hoi4.paradoxplaza.com/
管理人注:上の写真のようなジオラマを含んだHoI4のスペシャルバージョンがパラドックス公式サイトより購入可能になっています。
2バージョンあって、ゲームキー+同梱されるDLCによって価格に差があります。
ただ日本までこちらのジオラマを発送してくれるかはちょっと不明です。

他のところでも述べたように、今回の日記を持って、私たちが正規の開発者日記を再開する準備が整っていることを意味するものではありません。

皆さんが繋ぎの内容の投稿が好きでないことは分かっていますが、定期的な開発者日記を始めるにはまだ少し待たなければなりません。
私は、物事を適切に見せ始める準備が整ったらすぐにお知らせしたいと思っています。


以上

振り返り感想

約1ヶ月ぶりのHoI4開発者日記でした。
どうやら毎週の日記再開になるにはまだ時間がかかりそうな様子ですね。
海軍の内容に大きく手が入るようなので開発もかなり大変になるかと思います。
今は良い形でリリースされるように見守りたいですね。

HoI4 開発者日記 第142回 2018年5月23日分は以上となります。