HoI4 開発者日記 第163回 ありとあらゆるもの#3 2018/11/28

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第163回目を紹介。

今回は雑多なトピックの第3弾となります。

HOI4 Dev Diary - Bag of Tricks #3
Hello everyone, and welcome back to a new dev diary for Man the Guns and the 1.6 “Ironclad” update! Unfortunately, the next part of the naval combat...
以下、パラドックスフォーラムの内容を意訳したものとなります。

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2018年11月28日分(第163回)

今回の日記担当はHoI4コンテンツリーダーのBratynさんです。
正直この方の文章は非常に読みにくいので個人的に苦手・・・( -_-)
開発者日記内にオランダの国家方針ツリーに関する項で歴史的な事を詳細に語っている場面がありましたが、そこはゲームの開発日記の度合いを超えているのでカットしました。

冒頭の挨拶

皆さんこんにちは。
新しい開発者日記と1.6の “Ironclad”アップデートにようこそ!

残念ながら海軍の戦闘のリワークの次の部分がいつになるかは完全にはわかりません。
今回はいくつかの事柄に関するアップデートを紹介したいと思います(HoI4のコンテンツデザインチームは、まず国家方針ツリーを提示してからその内容を固定化または調整しています)。

イデオロギー(と傾倒)に関する問題

地域社会に浮上してくる問題は、恒久的にイデオロギー傾倒する国家精神によって引き起こされます。
例えば、ファシスト国家を共産主義者として抱き込むが、それが徐々にファシズムに戻ってくるのは、かつて国家精神に0.10のファシズム傾向を与えていたからです。

これを解決するために、私たちは2つのアプローチを行ってきました。

まず第一に、イデオロギーを傾倒させるすべての国家精神は、今では効果が2〜3年後にタイムアウトします。

あるいはイデオロギー傾倒以外の効果を持つ国家精神の場合、イデオロギーが傾倒する機能が取り除かれます。

さらに主題となるイデオロギーをより強く制御するための新しい「決定」を追加しました。
これらは、イデオロギーの支持を得るために政治権力を費やすことを可能にし、イデオロギーサポートが十分に高くなると、強制的にイデオロギーが変更されます。

オランダの国家方針ツリーの調整

オランダの国家方針ツリーにおいて君主制へのルートに満足していなかったので、もっと個性的で楽しいように少し手を入れました。

総統閣下
総統閣下

以下歴史的な事について延々と触れている箇所なのでカット

イギリスの国家方針ツリーの調整

以前英国の国家方針ツリーを提示した時に、海軍のツリーも改変されるだろうと述べました。それは現在行われています。

 

総統閣下
総統閣下

以下国家方針ツリーの内容1つづつについて解説があるもののカット

 

これらの改修内容は有料の機能に依存するものを除き、すべて無料コンテンツの一部です。

  • ASW Warfare
  • Expand the Repair Yards
  • Vanguard
  • Anti-Non-Contact Committee

の機能はDLCなしでは利用できません。

地図の変更

地図の変更についての開発者日記ではコミュニティからの提案が多くありました。
いくつかのリストに基づいて作業をしましたが、ここでは最も重要なことについて言及します。

新しいタグが追加されました:

  • モーリタニア
  • ナミビア
  • 西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)
  • イギリス領アンティル諸島
  • フランス領ガイアナ
  • モルディブ
  • フィジー/メラネシア
  • スロバキア
  • ボスニア
  • マケドニア
  • 北アイルランド

モーリタニアに適応することで軍隊の移動が可能となりました。
エジプトの東部と西部の両方でサブサハラに軍隊が移動できます。

人気のあるリクエストであったナミビアが追加され、カプリビ回廊が修正されました。

バルカン半島はさらにバルカン化され、モンテネグロとマケドニアの州が調整されました。

多数の勝利ポイントが調整され追加されました。

勝利ポイントの調整は次の箇所で多く行われています:ヨーロッパ・ロシア、ギリシャ、トルコ、ポルトガル、メキシコ、ポーランド、チェコスロバキア

その他、勝利ポイントの調整が起こった箇所:スペイン、フランス、アメリカ、ドイツ、イタリア、中国、シベリア

また、新しいタグを追加する際には、すべてのリリースタグに少なくとも1つの勝利ポイント(首都)があることを確認するよう努めました。

これにより、アフリカ、カリブ海諸国、アジアのいくつかの勝利ポイントが劇的に増加しています。

 

最後に、新しい海軍の地形をよりよく利用し、また海軍のより面白い戦略的選択を行うためにいくつかの海軍ゾーンが分割されています。

その一例としてエーゲ海があります。

来週また新しい開発者日記でお会いしましょう!


以上

振り返り感想

今回、オランダとイギリスの国家方針ツリーの詳細部分に関してはカットしました。

というのも、私自身歴史的な事には疎く書かれている内容を正確に読み取れないし、うまくこのサイトの記事内で伝えることもできません。

また、国家方針ツリーの内容に関しては結局有志による日本語化Modの翻訳が固まらないとなんと言って文中で紹介して良いかもわからないんですよねえ。
かといって、そのまま素の英文で説明を進めても何がなにやらという感じになりますし・・・。

本当なら全部ちゃんと訳して紹介できれば良いのだろうとは思います。
が私自身の英語力と、かけられる時間・労力からこの様な形になってしまいます。

今後もどうしても日記の全部の内容を完全には紹介できない事があるかと思いますがご了承くださいm(_ _)m

 

内容として一番大きいのは、モーリタニアの件がやっと修正されたことでしょうか。。。
この問題がリリース時からあったのかどうかはちょっとわからないのですが、相当前の開発者日記で触れられていたので、ようやく解決されるようでよかったと思います。

 

HoI4 開発者日記 第163回 2018年11月28日分は以上となります。