HoI4 開発者日記 第217回 4周年 2020/6/3

スポンサーリンク
更新情報

2020/6/5  更新

  • Hearts of Iron IV: Allied Armor Pack
  • Hearts of Iron IV: Allied Speeches Music Pack

リンクバナーを一番下に追加。
誤字脱字を修正。


Hearts of Iron IV 開発者日記 第217回目を紹介。

今回はHoI4の4周年記念に関した日記です。また今後の展開についても触れられています。

HOI4 Dev Diary - 4th Anniversary
Hi everyone! This week is Hearts of Iron IVs 4th anniversary. I’ve got some cool data to share with you, new armor and radio packs as well as patch for you to c...
以下、パラドックスフォーラムの内容を意訳したものとなります。
正確を期すよう努めていますが詳細はパラドックスサイトの原文をお読みください。

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2020年6月3日分(第217回)

今回の日記担当はHoI4 “国防軍最高司令部“のpodcatさんです。

冒頭のあいさつ

皆さんこんにちは!今週Hearts of Iron IVは4周年です。
皆さんと共有するためのクールなデータ、新しい装甲車とラジオパック、そしてお祝い用のパッチがあります。これらは明日全てリリースされます。

振り返りとクールな数値

Hearts of Ironが成長し続けているのはすごいことです。
私個人ではHoI2をプレイすることからスタートして、HoI3ではコーダーと、そしてHoI4ではゲームディレクターとして携わりました。
そして今でもこれらは人々からWW2ファンのためのニッチな経験と呼ばれていますが、それははるかに(あるいは、われわれWW2マニアは、われわれが考えているよりも多いのかもしれません(笑))に成長してきました。
La Résistanceのリリースの頃には、月間プレイヤー数が899kという新記録を打ち立てました(その月にログインしなかった1000人の方は、私のOCD(強迫性障害)が急上昇した事について責任があります!)。
HoI4は安定した成長を見せている点で非常にユニークです。
マルチプレイヤーなどではないほとんどのゲームの場合、通常ではリリースの間に大きな落ち込みがあります。
これだけ安定した成長を続けているのは、リプレイ性の高さと、継続的に新しいものを提供してくれる素晴らしいModのおかげだと思います。
ここ数年の推移は以下の通りです。

また、発売から昨年に至るまでの間の国家の人気も調べました。
これらは2016年と比較した現在上位の10カ国です。

ほとんどで相対的な減少になっているのは、私たちは一般的により多くの国でより多くのフォーカスツリーとその他の改善によるプレイを可能にしたためです(2016年にポーランドはハンガリーのポジションにいましたが、今ではスペインとハンガリーの両方の下に押し出されています)。
また、フォーカスツリーの変更がもたらしていると思われる、明らかな増加がいくつかあります。

連合の装甲車パック

明日は、昨年の枢軸国の装甲車パックのフォローアップである連合国の装甲車パックもリリースします。
これには、米国、英国、フランス、ソ連向けの装甲車45台が含まれます。
更に加えてこれらの国々のためにColonel Editionの戦車を32両加え、合計77両とします。
これが、先月Colonel Editionの販売を中止した理由の1つです。
コスメティックパックを購入するのが面倒になり、これ以上商品を細かくしたくありませんでした。
以前のColonel Editionのプレイヤーは、自分たちがそれほど多くの物を得ていると感じていなかったと思いますし、またHoI4にとって素晴らしい年であったため、私たちはColonel Editionエディションを持っていたすべての人に無料ですべてのパックを提供します。楽しんでください!

(観察力のあるプレイヤーは、Colonel Editionにも何隻かの船があることを覚えているかもしれません。それを持っている人はそれらを保持し続けますが、この装甲車パックには含まれていません。私たちは将来それらのボートボーイ達を仕分けするつもりです)。

以下に含まれている車両の例を示します。

連合のスピーチ

昨年はラジオ機能が追加されたのが好評でしたが、今年はもう少し違うものを試してみたいと思いました。
われわれは連合国の指導者や指揮官による70分間の演説を追加し、それらを音楽として設定し、ゲームのイベントに基づいてトリガーしました。
例えば、日本がアメリカに宣戦布告したとき、ルーズベルトの「a date which will live in infamy(屈辱演説)」の演説を聞くことができるでしょう。
以下は、チャーチルの有名なスピーチを使った音声サンプルです。

Hearts Of Iron IV | Allied Speeches Pack | Winston Churchill – We shall fight on the beaches

これらが流れた時の気持ちよさは最高で、歴史的な味わいを加えてくれます。
また、他のサウンドトラックと同じように好きな時に再生できることにも注目してください。

1.9.3 Patch

このパッチでは、La Résistanceではあまり触れられなかった、海軍の問題と改善に焦点を当てたいと考えました。

最も重要な変更を要約すると:

海軍のテクノロジーの再調整

ここで詳細については変更ログを確認した方が最善ですが、私たちの目標としては、より効率的な潜水艦へのテクノロジー投資をより高価にし、対抗策や主力艦への投資をより安価にすることにあります。

Convoysとstun-locking

マルチプレイで、時にはシングルプレイでの非常に厄介な戦略として、基本的に潜水艦と小さな海軍との交戦をたくさん行うことで、海上で敵の輸送部隊をスタンロックすることができるという事があります。
十分にスクリーニングされていたとしても、敵は退却するのを待つ必要があり、何度も何度も捕まり、時には大西洋を横断するのに何ヶ月もかかることもありました。
これに対処するために、我々は十分にスクリーニングされていることによる退却速度ボーナスを増加させ、クールダウンシステムを実装しました。

このシステムでは、輸送船は捕まった後、二度と再発見されないようにクールダウンされます。
このクールダウンの長さは航路の長さと、どれだけスクリーニングされているかに依存します。
スクリーニングされていない船では、より多くのインターセプトですぐに捕捉されますが、適切にスクリーニングされた船では、航路が遠くなければ侵略ビーチまで続行できます。

空母と他の海軍の変更

太平洋の空母は、大きな空域と天候のペナルティに本当に苦戦しています。
飛行機の数が少ない移動基地にエリアサイズのペナルティを適用することは、私たちにとって意味がありませんでした。
ですから現在、空母に配置された飛行機のための特定の場所(ポートストライク、CASなど)を目標とするミッションは、このペナルティを受けません。

これに加えて、陸上基地の飛行機の方がずっと小さいのに、悪天候のために100%のペナルティーが空母の飛行機に科されるのはおかしいことです。
本当にひどい嵐のときに飛行機が離陸できるかどうかは疑問ですが、空母での天候がたった1つのレベルしかないときに、これほど過酷なものになるのはほとんど意味がないことなのでペナルティは80%に引き下げられました。
私たちはまた、もし本当に天候が悪いのであれば彼らはよりもっと苦闘しなければならないでしょうから、ギャップを埋めるためにそのペナルティを2倍にして20%にしました。

空母はまた今や艦隊全体を支援しています。戦闘で空母の利点を持つ側は、対空優位性が陸上で及ぼす影響と少し似た感じで相手側の位置を不利にするでしょう。
私たちはまた、混合艦隊を強化するために、軽火器を少しデバフさせ、大火器の照準と威力にバフをかけました。
また、海上で敵を発見する上で空母がいかに重要であるかをより良くモデル化するために、キャリアの基本探査能力を少し高めました。

もう1つ注目すべき点は、航空優勢と海軍偵察の間の厄介な相互作用を修正したことです。
航空優位性はタスクフォースが活動しているゾーンに平均して適用されるため、敵が到達することもできず、競争することもできない場所にあるゾーンに配置した飛行機で敵を防衛することができてしまいます。
今後はその代わりに航空機がいる特定の領域を調べることになります。

同期のズレ

テレメトリーにより、1936年の前半に大部分の同期ズレが起こっていることを伝えていましたが、何週間もの間、社内でこの現象を再現することができませんでしたが、最近ブレークスルーがありました。
新しいゲームに入ったときに適切にリセットされなかったテクノロジーに関するデータがいくつか見つかっており、これがその主な理由であることを期待しています。
私たちはテレメトリデータを見て、OOSの頻度が急低下することを期待しています。

以下スポイラーで完全なパッチログが記載されていますが紹介はカットします。気になる方は元ページで御覧ください。

では、今は何をしているの?

私たちは以前から、コンテンツの更新間隔を短縮したいと考えていました。
これは私たちが現在二つのことを並行して進めているということを意味します。
パイプの中には1.10「Collie」 と1.11「Barbarossa」 があります。
これが私が今皆さんにお伝えする事ができるほぼ全ての情報です。
私たちはまだ‘Collie’に関する開発者日記を始める準備はできていませんが、夏休みの後を楽しみにしています。
私たちはいくつかの非常に素晴らしいものを計画していて、皆さんもそれが好きになると思います(ロードマップを見たい人は、この開発者日記で最終の更新がしてあります。)。

記念日の一環として、私たちはインフルエンサー対開発者、そして…民主主義との3日間の戦争ストリームについて、本当にクールな新たな試みもしています。

詳細はこちらです!

ああ、私から最後に!
皆さんが明日のアップデートや他の全てを気に入ってくれることを願っています!


以上

振り返り感想

久しぶりの開発者日記でした。
HoI4 4周年記念のコンテンツとパッチがリリースとのこと。
バグ修正も盛り込まれているので当てておいた方が良さそうですね。

それから次の開発者日記についてまだ触れる段階にはないとのこと。
夏休み明けということなので、8月~9月ごろまで開発者日記はなさそうな感じです。

ただ、1.10とか1.11って名付け方がちょっと気になりますよね。
HoI4は今回のパッチ更新でゲームバージョン1.9.3になるわけですし…。
じゃあ既存のDLCの更新をして1.10にする―ってのはちょっと考えにくいかなぁと思います。Paradox社はどんどんDLCを増やしてそれで収益をあげるスタンスですしね。

今後ですが、一応私の方で定期的にParadoxフォーラムはチェックしておきますので、
また何か緊急の日記や、紹介したほうがよさそうな話題があったらその都度記事にしたいと思います。

とりあえず8月(仮)までは基本的に水曜日の開発者日記紹介はお休みとなります。
その頃には世の中ももっと落ち着いててほしいですm(_ _)m

Allied Armor Pack、Allied Speeches Music Packがリリース

Hearts of Iron IV: Allied Armor Pack

Hearts of Iron IV: Allied Speeches Music Pack

こちらが開発者日記で紹介されていた装甲車パックと演説パックのようです。
両方とも定価での販売で特にリリース記念の値引き等は無しとなっています。