HoI4 開発者日記 第47回 中国 2016/3/4

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第47回目を紹介。

今回は中国についてです。

Hearts of Iron IV - 47th Development Diary - 4th of March 2016
China is always a rather difficult beast for Hearts of Iron games, still we have put on our thinking cap and seen what we can do to at least make...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2016年3月4日分 (第47回) 中国

HoI4スタート時の中国

中国はハーツ・オブ・アイアンのゲームでは常に困難な獣ですが、それでも思考上限を設定し、少なくとも物事を改善するためにできることを見出しました。
HoI4のゲームスタート時点では中国を平和な状態にしているが、お互いに敵対しています。

 

国民党政府は選択肢として共産党の反政府勢力に対して攻撃すれば、最終的には毛沢東と蒋介石との国境戦争の可能性になるだろう。
実際の戦闘が行われなくても、国境にいる国の部隊は衰弱に苦しみ始めます。

おそらく100%の正確さではないかもしれませんが、日本が攻撃し、その後平和が起こると何が起こるかにはもっと関心があります。

プレイヤーがナショナリストで真の戦争に出ることを選んだ場合、私たちは毛沢東に対し、彼を守るのに役立つ「Cornered Fox」の特性を与えました。

敵対行為中に、西安事件が起こり、毛沢東と一時的な停戦を受け入れるように蒋介石に圧力をかけている場面です。
これは、東部に向かっている日本の差し迫った脅威に目を向ける中国への第一歩である。

日本が中国を攻撃するとき、国家主義者は中国との対話を日本に強要させることができます。
共産主義の中国はこの派閥に加わることを選択します。もし彼らがそうするならば、彼らが山西を属国化するするフォローアップイベントが発生します(山西はこれを拒否することができる)。
他の武装勢力の州(Sinkiang(ウイグル)を除く)は、中国人国家主義者との加盟を選択する。
Sinkiang(ウイグル)は、ソ連とドイツの戦争が勃発するまで、独自に振る舞います。
ソ連がドイツ相手に忙しい間、ウイグルは蒋介石軍に向かって攻撃を仕掛けるでしょう。

私たちの統一された中国は、日本にはるかに効果的な道路ブロックであることが証明されています(よりバランスのとれたものですが、進歩に満足しています)。
日本が敗北すれば、中国合同戦線は終わるでしょう。それは双方の利便性のための同盟に過ぎなかったからです。
卑劣な毛沢東は中国北部と満州を奪取するための混乱を利用します。これは、これらの分野における共産主義の強さを反映しているだけでなく、中華人民共和国にとって内戦が伸びることで、より良い領土基盤を与えることにもなっている。

私たちは内戦を開始する前に、まず中国にいくつかの自由兵(世界のどこかで不特定の共産主義者から供給される)を与えます。
PRCの軍隊が新たな領土基地で強化されたので、我々は共産主義者たちが戦争の初期段階に向けて士気のペナルティを負わせるのを助けるために両国間の戦争を起こすためのイベントを発動する。中国は以前よりもはるかに細かく均衡しています。

以上


感想

今回は中国の紹介でしたが、
開発者日記とは呼べないような内容で、ただのプレイレポのような感じでした。
(なので訳も適当にしました。)
正直中国を個別で取り上げる必要があるのか?という気もしますが、
パラドはテンセントと資本提携も結んでいますし、
中国人ユーザーも多いでしょうから色々と事情もあるのでしょう(・_・)

HoI4 開発者日記 第47回 2016年3月4日分は以上となります。