HoI4 開発者日記 第76回 南アフリカと継続的な国家方針 2016/11/2

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第76回目を紹介。

今回は南アフリカについて、そして国家方針ツリー左下枠に追加される、継続的な国家方針についてです。

HOI4 Dev Diary - South Africa - together for victory?
Welcome to the 4th dev diary for the Together for Victory expansion currently in the works! Today we talk about new features as well as the next new...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2016年11月2日分 (第76回) 南アフリカと継続的な国家方針

Together for Victoryの現在展開中の4回めの開発者日記へようこそ!
今日、私たちは新機能と次の新しいフォーカスツリー、南アフリカの時代について話します。

南アフリカ

南アフリカは不安定な立場にあります。
プレイヤーは多くの産業を持っていませんし、人材に関してはさらに悪い状況です。
国家精神「分離の歴史」は、徴兵人口を55%も減らします。
あなたは一連の国家方針を取得してそれを取り除くことができますが、戦争のための用意はかなり難しいでしょう。
政治的には、南アフリカは30年代後半には米国の支配下ではありませんでした。当時南アフリカは英国の支配者であったが、ボーア戦争の記憶はまだ生きており、歴史的には大戦に加わることは首相の負担となる非常に難しいものでした。
ヘルツォーク首相は南アフリカを戦争から守るようにキャンペーンしていましたが一方で与党は英国側につくことにしました。強力なドイツ独裁政権は、国内での妨害工作を行ってきます。。
戦争を行う場合、あなたはそれらの問題に対処しなければなりません。

もちろん、あなたが歴史とは乖離する展開を望み、そのように進む方法もあります。
この拡張(Together for Victory)における私たちの設計目標の1つは、国の再生に多くの選択肢を与え、歴史的成果を忠実に表現することでした。
もう1つの目標は、歴史的な流れにはまったく触れられていなかった戦争のため、新しい領域を開くことでした。
あなたが東ヨーロッパのすべての沼地の場所をすでに知っているくらい習熟しているなら、恐らくサハラ南部の土地は新しいゲームチャレンジを提供する事でしょう。

ファシストルートの国家方針ツリーでは、強固な反英軍Afrikaner Broederbondとなり、ボーア戦争で失った領土を取り戻す戦いに臨むか、あるいはドイツ側に付くことを決めたりできます(ドイツは彼らの植民地を後から求めません・・・今のところは)。ドイツ側に付けば彼らとの技術共有協定に参加することさえできます。しかし、力をつかむことは容易ではないでしょう。
プレイヤーはゲーム展開を少し遅くしても少し早くしても、大英帝国の力に直面し、あなたを助ける友人はいなくなります。
しかし、あなたがしっかりと力を持てば、プレイヤーは南アフリカのために新しい王を戴冠することさえ決定するかもしれません(あなたは、手始めにわずかに使い古したもので間に合わせの王国を作らなければらないかもしれないけど)。

共産主義ルートの国家方針ツリーでは、困難な選択に直面する前に、まず仲間である黒人労働者に対する差別を解消するために働きます。
あなたはコミンテルンに加わり、アフリカにおいてソ連の堅実な同盟国になることができます。
ソビエト顧問はあなたの軍隊を改善するのに役立ち、ハイテク共有の手配は科学的に正しい方法で勝利を得るのを助けます。
代替プランは、植民地主義者運動と呼ばれます。
あなたの植民地主義者の足かせを捨てて、残りの大陸を脱植民地化する時期です。この目的のために、あなたが解放できるいくつかのアフリカ諸国を追加しました。
心配しないで、アンゴラを解放するためにリスボン(宗主国ポルトガルの首都)に行進する必要はありません。
あなたがプロヴィンスを管理している場合は、あなたがポルトガルとの戦争中であっても、あなたはそれらを解放するオプションを得るでしょう。
しかしもちろん、解放したこれらの若い国がより確かな宗主国を必要とすると決めるかもしれません・・・

南アフリカの限られた資源の元であなたが国家を戦争へと導くためには、慎重な選択をしなければなりません。
「技術の共有」は、あなたの研究スピードを強力に向上させます。
しかしそれはあなたが連邦から離れることを決定した瞬間に失います。
英国はまた、あなたが連邦から去る時点では利用できないような、より高度な軍事装備を持つことでしょう。

他のコモンウェルス諸国と同様に、我々は指導者と将軍のために新しい追加の肖像画があります。

Afrikaner Broederbondとは南アフリカで結成された南アの統一と反英を掲げた政治結社のようなもののようですね。
Afrikaner Broederbond - Wikipedia

継続的な国家方針

Together for Victoryでは、新しいタイプの国家方針を導入しています。
これらは、あなたが少なくとも10の国家方針を解放してから利用でき、他の国家方針のように70日の取得期間経過した後に報酬を与えるのではなく、選択し、有効である期間にボーナスが得られます(この継続的な国家方針は、あなたに政治的な力がなかったり、または何か他のことをする必要がある場合には、無効にする必要があります。)
このベースシステム自体はは1.3”トーチ”パッチの無料コンテンツの一部になりますが、拡張で追加される新しいメカニックに関連する国家方針はDLCを手に入れた人しか利用できません。

継続的な国家方針の内容は次のとおり

 

  • 陸軍訓練 – 部隊の訓練をスピードアップ
  • 海軍生産 – すべての種類の船で生産量の増加をもたらす
  • エアプロダクション – 全ての種類の航空機で生産量の増加をもたらす
  • Resistance Suppression(耐性抑制) – 占領された州のレジスタンス発生と戦闘力を抑える必要があります。
  • テクノロジー共有 – 派閥メンバーから技術共有の効果を得ることができる(まだその技術を持っていない場合)。この国家方針を使用するメンバーだけが利点を得る。
  • 自律性を高める – 自律性を高めるために役立つ(詳細は次回の開発者日記)
  • 被験者を抑制する – 被験者を制御し続けるのに役立ちます(詳細は次回の開発者日記)
  • 建設エンジニアリング – すべての非産業建物の建設をスピードアップ
  • 建設修理 – 損傷した建物やインフラに対して行われる無料修理の量を増やし、また、実質的に修理の効果を高める。

 

建設と修理について言えば、私たちは要塞のコストを高め、ベースレベルでは安くしています。
したがってマジノラインのような物を作って悪用しないようになり、より戦略的に興味深くなっています。
基本的な修復効果が減少したことにより、建設修理の国家方針がより面白くなりました。

来週は、これまでに明らかにされたフォーカスツリーを通してヒントが出ていた、新しい自律システムについて語ります。

以上


感想

今回は南アの詳細と継続的な国家方針の項目の説明でした。
私はバニラ版しか持っていないのでこの継続的な国家方針は技術強力の項目が表示されず、使うことが出来ません。
この継続的な国家方針、効果は確かにあるんだけどどれもちょっと微妙な感じなので、正直DLCを買って技術協力を行うのがメインになるんじゃないかなあと思います。

HoI4 開発者日記 第76回 2016年11月2日分は以上となります。