HoI4 開発者日記 第77回 自治 2016/11/9

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第77回目を紹介。

今回は自治についてです。

HOI4 Dev Diary - Autonomy
As the swedish weather takes a turn for the worse it's time to huddle up around the tent heater and type up another diary. Today we will be talking...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2016年11月9日分 (第77回) 自治

今日は、以前のハーツ・オブ・アイアン・ゲームでの古い宗主国・傀儡国の関係を置き換える新しいコンセプトAutonomy(自治)についてと、Together for Victoryの拡張について説明します。

自治

独立国でも傀儡国でもなく、固定された方向性とスケールで存続することができます。
ここでのアイデアは、国家間の関係を実体的に仕上げることと、傀儡として遊ぶときに自由を得るための新しいゲームプレイ能力を与えたいということです。

フリー

  • 普通の状態

ドミニオン

  • 宗主国は貿易法上の制限がある
  • 宗主国は少しレートの良い貿易効果を得る
  • 自分たちだけで戦争を宣言することはできない(以下のすべての対象レベルでも適用)
  • 戦争への呼び出しを拒否することはできない(以下のすべてのサブジェクトレベルに適用されますが、国家方針ツリーのアクションによって変更できる)
  • 完全な技術共有ボーナスを得る

コロニー(植民地)

  • 宗主国は法律上の制限以上に取引することができ、ドミニオンよりもレートを安くすることができる。
  • 植民地は技術共有の効果が少なくなる(宗主国側は植民地から完全なボーナスを得る)
  • 宗主国は部隊を募集することができる。これについての詳細は次回の開発者日記で説明。

人形(傀儡)

  • 宗主国は植民地よりも法律上の制限を超えてより安く取引ができる。
  • 傀儡国は技術共有の効果が少なくなる(宗主国は傀儡側から完全なボーナスを得る)
  • 軍隊を植民地のように募集することができる(上記参照)。更により簡単となる。

統合された人形(傀儡)

  • 宗主国は基本的に無制限かつ自由に取引できます。
  • 宗主国は、プレイヤーの場合は自動的に配備された軍のコントロールを得る。
  • 軍を傀儡国のように募集することができる(上記参照)。そしてより簡単となる。
  • 民間企業の25%、軍事産業の75%が司令官によって管理される。

ディプロ・アネックス

  • 国家は存在しなくなり、宗主国によって飲み込まれる。

宗主国や傀儡国がレベルを上下に移動するには政治力を支払う必要があるが、それは自国の自律バーの状態を最大限まで持っていって初めて行うことができる。
実際にそのバーを満たすにはいくつかの方法があり、あなたが戦争においてどちらの陣営側に与するかによっても変わっていく。

  • 宗主国が対象国の建物やインフラを建設しているとき、自治を減らすことができる。
  • 宗主国が軍隊を徴兵したり、使用したりすると自軍の自立性が増す。
  • レンドリースは自律性に影響する(宗主国に送信する場合は、自治を強化するために最新のものを送信する必要がある)。
  • 支配される側は徐々に自律性を得て自律性を高めるため、継続的な国家フ方針を使用することができる。
  • 宗主国は、抑止策を継続的に使用することで、より低い自律性に抑えることができる。
  • 自主性に影響を与える新しい国家方針ツリーもある。
  • 戦争スコアを獲得することで、従属側の自立性が高まる。
  • 従属側からの貿易は自主性を高める。

簡単に言えば、従属側の自律性を低下させたり、物事を助けたり、他の独立国の助けを借りて自律性を高めたりします。
独立していることは悪いことではない。カナダと友好国の技術共有は非常に強力ですが、もちろん外交権は制限されています。
裏を返せば軍事力を募集でき、産業を獲得し、さらに独立性を縮小することができれば、多くの場合完全に併合するよりも良い選択肢になることがあります。

宗主国の建物は、建設インターフェースを通じて通常通り行われ、旗で示されます。

宗主国はトレードオフとして、建物の機能は低下しますが、長期的には、より多くの軍隊を養成し自由を得る戦いを助けてくれる事になります。

来週、私たちじゃ別の国を紹介し、捕虜の兵士の仕組みについても説明します。

以上


感想

今回は宗主国と支配されている国の関係についてでした。
なんかまた要素が増えて複雑化してきたようですね・・・。

HoI4 開発者日記 第77回 2016年11月9日分は以上となります。