HoI4 開発者日記 第53回 2Dアート 2016/4/22

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第53回目を紹介。

今回は2Dアートについてです。

Hearts of Iron IV - Development Diary 53 - 2D Art
Hey people, this weeks topic is about the 2d art, everyone's favourite yay! Let me start by introducing myself, I'm Mats Virtanen, aka Sideburnout,...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2016年4月22日分 (第53回) 2Dアート

この週のトピックは2Dのアートについてです。

お知らせ

今回の開発者日記はゲーム制作の話が主で、操作方法等には関係ありませんので簡単な紹介に留めます。

2Dグラフィックスの変遷

私はMats Virtanen、別名Sideburnoutです。
私はゲームの2Dアートの大部分、カバー、画面、インターフェイス、アイコン、肖像画、を担当しています。
私は古くからのパラドフォーラムの参加者ですので、私自身がめったに投稿することはありませんが、私はフォーラム内のできる限り多くのことを読んで安心しています。
フォーラムはいつも参照が必要な場合にチェックアウトするのに良い場所です。

この後、他のパラドゲーのグラフィックの話や過去のHoIシリーズに関する話が延々と続きましたがカットしました。

HoI4は1200を超えるテクノロジー、アイデア、フォーカスのアイコンを組み合わせている。また420以上のリーダーの肖像画や1600以上のUI要素などもある。

UIパネルの初期のモデルをいくつか紹介する。
この段階では、一般的な感情をUI内に反映させようとしていました。

歴史的に正確な、戦車、装備、リーダーの肖像画などを作ることについては、あらゆる種類の参考文献を使用しています。
ありがたいことに、第二次世界大戦は基本的に戦争で使用・未使用を含めてあらゆる種類の装備の青写真が完全に文書化されています。
またそれらはオンラインでも簡単に見つけることができます。
私たちはもう少し時間を取ってコンセプト段階で現実には達していない戦車、つまりファンタジー戦車を描こうともしています。

2Dモデル作成

2Dモデルの作成方法について詳しく説明されていますが、技術的な内容が多く、Mod製作者はともかく一般ユーザーがゲームを遊ぶのにあまり関係がありませんのでカットしました。

※ツールを使ったグラフィック作成の一例

私はユーザーがゲームを改造する方法を見て本当に楽しみにしています。

今回の開発者日記で私はゲームプレイに関する新しい情報を与えなかったので、代わりに次の2つの巨大な壁紙を紹介したいと思います。

以上


感想

今回は2Dアートについてでした。
膨大な量のアイコンを用意するだけでも大変な労力ですよね・・・。
また初期段階では感情をUIに表現しようとしていたのは興味深かったです。

HoI4 開発者日記 第53回 2016年4月22日分は以上となります。