HoI4 開発者日記 第57回 Poland: United and Ready 2016/5/20

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第57回目を紹介。

今回は無料DLC Poland: United and Ready についてです。

Hearts of Iron IV - Development Diary 57 - Poland: United and Ready
Hello everyone! We are getting close to release now with preorder started a few days ago. When we posponed HOI4 release it was mostly a...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2016年5月20日分 (第57回) Poland: United and Ready

みなさん、こんにちは!数日前にHoI4の予約注文がスタートしました。もう間もなくリリースとなります。

Poland: United and Ready

HOI4のリリース時に向けて、プログラマーがバグを修正する時間が増えてしまい、スクリプターやアーティストが多少不足してしまいました。
私たちは、これを使っていくつかの小国にももっと味と楽しみを加えようと考えていました。
ポーランドのプレイヤーはたくさんいるので、ポーランドに焦点を当てることが良いと考えました。
このようなコンテンツパックがうまく受信できるかどうかを確認したいので、最良の方法は基本となるゲームとは別のDLCとして配信することでした。
実際のところうまくいって時間通りに準備が整ったので、私たちは誰にでも無料でリリースすることにしました(これは予約注文のためのものではなく、いつまでもHOI4を購入すれば入手できます)。
HoI4が普及して、これが将来DLCとして作成される一連のパックの最初のものとなることを願っています。

DLCに含まれる内容

Poland: United and Readyには何が含まれているのか?

  • 国家方針ツリー。
  • 名称のついた戦車&飛行機の2Dアート。
  • 閣僚、将軍、国の指導者の2Dアート。
  • 歩兵やいくつかのよく知られている戦車や飛行機の3Dアート
  • いくつかの成果とイベント。

ポーランドの国家方針ツリー

私たちは、ポーランドの国家方針ツリーが中立の(汎用の)ものよりも悪くないようにするということを第1に考えました。
第2に他の国家の国家方針ツリーに依存もできないと感じました。

我々は汎用国家方針ツリーから得られるすべての利点があることを過去に紹介しましたが、ポーランドの国家方針ツリーにはより多くのポーランドらしい味付けを持っていることを確かめました。
結果として私たちはポーランドに対して本当にクールなことをすることができました。
ポーランドの工業化の取り組みは、主に4カ年計画と呼ばれる短期国家投資に基づいています。
この計画の一部には、インフラへの多額の投資、旧ポーランド工業地域の活性化、中央工業地帯の開発が含まれていました。
私たちはこの計画からインスピレーションを得て、さまざまな部分をポーランドの国家方針ツリー枝分かれとして実装しました。

我々はまた、ポーランドがドイツのエニグマ機の解読に至ったときに、他の国より先に進んでいたという事実にも焦点を当てました。
これを反映するために、ポーランドはコンピューティングと解読においてボーナスを与える特別な国家方針を当てています。

外交面に着手したとき、私たちは脅威に囲まれたポーランド人プレイヤーのためのオプションを追加したいと考えました。
ドイツとソ連がポーランドを育てようとするのを止めることはできませんが(これらのツリーはほかのところです)、ポーランドがどちらかの陣営に入る事を求めることができると感じました。
あなたが正しくプレイする事で彼らとの同盟につながる可能性があります(その側面のための国家方針があります)。

最も興味深いルートではありませんが、歴史の中を掘り起こすと、私たちは海のコンセプトと呼ばれるやや野心的なポーランドの計画を見つけました。
これは、バルト海、黒海と地中海の間の国の提案された同盟でした(イタリアを含む1つの示唆)。
この考えは、ゲーム内で言及し表現するにはあまりにも多くの要素が関わるため最終的には失敗しました。

しかしそれは興味深いアイデアです。
そして、私たちは、本当にクールな何かを感じることができました。
ポーランドが「海の間のコンセプト」に参加することを選んだ場合、彼らは自分たちの派閥を立ち上げることができます。
バルカンはポーランドの岩場であるが、バルト諸国は選択肢です。
特に、ポーランドがリトアニアを補うことができれば、Wilno(またはあなたがどちらの側にいるかに応じてVilnius)の地位に関する不幸な意見の不一致が生じる可能性があります。
これによりポーランドは、ヨーロッパの中心に小さなミニ勢力を刻むことができます。
そこから、同盟を成長させ、東と西の両方の間に強く立つことは、熟練したポーランド人プレイヤーの手にかかっています。

機器と名称

ポーランドのDLCのために、我々はポーランドを完全に包囲された国として再現したいと感じていました。
この再現には機器の名前も含まれていますが、これは1939年以降の研究があまり活発ではなかった国に対する課題でもあります。
したがって、我々は歴史の研究に関しては最も好きではないなツールに分解しなければなりませんでした:つまりものを作ることです。

私たちがポーランドの船について考えると、第二次世界大戦中のポーランド海軍は数少ない駆逐艦や潜水艦で構成されていました。
しかしそれは私たちに働く何かを与えました、そしてより高度なクラスの命名のため、私たちが既に持っている情報と同じ命名規則に従って名付けようとしました。
しかしそうするとちょっとだけ小さな隙間、すなわち他のすべての船級クラスの問題が残ります。創造的な時間の始まりです!

軽巡洋艦のために我々はポーランドの都市に行きました。
追加ボーナスでの命名順は1930年代の人口の大きさに依っており、ポーランドのファンのための少し細かいディテールとなります。
更に重巡洋艦の命名規則までやってきたときに私たちはポーランドの川に差し掛かった。それは国を結びつけている巨大な動脈でもあります。
最初のクラスは、1920年にニーメンの戦いでソ連に反対するポーランドの勝利にちなんで命名された(ポーランドは将来この名前を実際の船に付けたいと思うでしょう)。
フォローアップされる船種は、ポーランドの他の川の名前を使っています。

それらは簡単な作業でしたが更に少し深く掘り下げる時間です。戦闘巡洋艦には2つの名前が必要でしたが、最終的にはポーランド自身が正しいと感じる地域名に決定しました。
強力な戦艦のために私達はポーランド王朝の名前をそれらに付けました。
最大の船はに関しては、初のポーランドの超重戦艦クラスをPilsudskiクラスとしました。それはポーランドが戦時中に最大の人を救った政治家から来ています。
しかし、私たちには命名用に2人分の名前が必要でしたので、また別の地域、ポーランドのマーシャルに行き、ポニアトゥスキーと命名しました。
後は護送船だけが残っているのでウィーンの救世主、ジャン・ソビエスキー(Jan Sobieski)からスタートし、我々はポーランドキングスに向かいました。

来週は、チュートリアルやwikiなどについて話します。

以上


感想

今回はポーランドを取り扱った無料DLCについてでした。
なんだか取材と称した観光旅行のような気もしますが、きっと必要なことだったのでしょう(・∀・)
さて、DLCですが私は
発売と同時に無料で出すなら最初から本編に入れとけ
という考えだったのですが、DLC配信そのもののテストも兼ねているという意味合いもあるんですね・・・(という理由付けかもしれないけど)。
このポーランドDLC、無料とはいえかなり充実した内容になっていると思います。
1万円以上で中身がスカスカの物を売っておいて発売と同時に有料DLCも出してくる日本のメーカーも少しは見習ってほしいものです。

HoI4 開発者日記 第57回 2016年5月20日分は以上となります。