HoI4 開発者日記 第211回 ベータパッチのアップデート 2020/3/11

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第211回目を紹介。

今回は現在公開されているベータパッチのアップデートに関するお話です。

HOI4 Dev Diary - Beta Patch Update
Hi everyone, and welcome to another Beta Patch Update dev diary for Hearts of Iron 4 - La Résistance! The team has been hard at work fixing all manner...
以下、パラドックスフォーラムの内容を意訳したものとなります。
正確を期すよう努めていますが詳細はパラドックスサイトの原文をお読みください。

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2020年3月11日分(第211回)

今回の日記担当はBratynさんです。この方は現在はImperator: Romeの開発チームに所属しているとのこと。

冒頭のあいさつ

みなさん、こんにちは。Hearts of Iron 4 La Résistanceのベータパッチアップデートに関する新たな開発日記にようこそ!
チームはあらゆる種類のバグの修正に懸命に取り組んでいますが、本日はベータパッチの更新について紹介します。

ただし、作業はまだ終了ではなく今後数週間は、ベータ版の定期的な更新が継続されることが期待できます。

ベータパッチの更新内容

私たちは、クラッシュの大部分がVer1.9 .1の古いModを実行しているユーザーによって発生したことに気付きました。
そのほとんどは無効なマップデータ(例えば、戦略地域を持たないリージョン)が原因でした。

このような問題は、遅かれ早かれ必ずゲームをクラッシュさせるので、可能な状況(近隣の1つと同じ戦略地域に州を追加することによって)を修正するための対策を講じました。

マップを正常な状態で実行できない場合、ゲームが中断されエラーメッセージが表示されます。

これらの手段は当面は試験的なものであり、必ずしも必要なときに実行されるとは限らないことに注意してください。
Ver 1.9.1のリリースまでに改良し、矛盾した状態でゲームを開始することを防ぎながら、Modと衝突しないようにします。

エラーメッセージは次のようになります:

さて私の出番に戻ります!

この開発者日記の残りの部分を使って、私がスペインのフォーカスツリーに対して行ったいくつかの重要なバランス修正と調整について掘り下げていくつもりです。
パッチノートを見たい人はここにあります。

以下スポイラーでパッチノートがありますが省略します。

詳細と過去の変更を確認したい場合は、ベータパッチスレッドをご覧ください。

これは私のHoI4における最後の開発日記にもなります。
私はImperator: Romeの開発チームに参加し、彼らの将来への努力を支援しています。
HoIへの私の最後の貢献は、リリース後のスペインのフォーカスツリーを修正、La Résistanceのバランス調整です。
有能な同僚(一部はチームの新たな強化者です!)を引き続きサポートし、パッチがベータ版から抜け出すまで(そしてその後もずっと!)この作業を続けます。

スペインのフォーカスツリー

スペインのフォーカスツリーの最も目立った変更は、@Iskulyaによって書かれた便利なフィードバックスレッドに関するものです。
このことは、スペインのツリー支部のいくつかの欠点を指摘しており、私はそのいくつかに対処しようと試みてきました。

中心的なクレームとしては、多くのツリー支部がスペイン内戦後のゲームを面白いものにするのに十分な産業の集積を持っていなかったことでした。
この目的のために、私はファランジストとフランコ主義のルート(これまでにもさまざまな産業に焦点を当ててきました)とアナーキストのルート(それはまた、瞬間的なペイオフではなく長期的な雪だるま式の産業ルートとして設計されたので、この対応必要としなかった1つです)を除いて、ほとんどの分野に多くのフォーカスを追加しました。

カーリスト向けの新しく小さなな支部は現在、民需と軍需の産業を追加し、いくつかのインフラを追加し、スペイン内戦からの復興の精神をもうワンステップ減らしています。
Encourage Local Industrialization(地方の産業化を奨励)の後に追加的なフォーカスが加えられインフラが再び加えられましたが、ファランジスト、フランコ主義、アナーキストが既にアクセスしていた資源探査の決定へのアクセスも開放されています。

現状では、スペイン内戦からの復興の精神を完全に取り除くことができるのは、経済大国(アナキストの場合)の援助を得る道だけである。
以前はフランコ主義(もし彼らが連合国に加われば)かアナーキストしか使えませんでしたが、今回のアップデートで、ソビエト復興援助に依存しているスターリン主義者と民主党員も使えるようになりました。
これがなければどのツリー支部においても達成できる最善のことは、精神を2ステップ減らすことによりその影響を大幅に減らすこととなります。
もし2回減らすと、スペインが派閥に入りたがらないようにするAIの修正値も削除されるので、このようなルートをたどり、精神を2ステップ減らしたスペイン人は、結局は非歴史的なモードとなり派閥に入ることになります。
これは、次のツリー支部で当てはまります。

  • ファランジスト
  • カーリスト
  • POUM
  • 民主共和国(ソビエトの援助に依存しないことを選択)

POUM-Stalinistの共同支部は、より多くの産業が具体化され、Recovering From the Civil Warの精神を低下させ、資源探査の決定を開く事にフォーカスを当てています。
さらに、民主主義ルートにおけるCommunists in the Governmentに集中させることは、Arms Productionの路線を回避することにもなり、Democratic-turned-Communist Spainは、スターリン主義者の後継者たる地位を適切に維持することを可能にします。

スペインの民主主義ツリー支部は、最も大きな修正を受けました。
Engineering Advancesに続いて新たに注目したいのは、4つの民需工場を追加し、そこから成長するためのより良い産業基盤を提供することです。
Prepare for the Next Warでは、さらに数百万の工場を追加し、資源探査の決定をオープン化した後、新たな焦点が追加されました。
最後に、独立戦争ツリー支部のフォーカスは、連合国か枢軸国(誰に手を差し伸べたかによって)のいずれかが前のフォーカスであなたの要求を受け入れたことを必要とし、内戦からの回復の精神を減らし、更なる民需と軍需工場を追加します。

民主主義が内戦からの復興の精神を取り除くのに最も苦労していることは依然として意図された設計ではありますが、これらの要素を追加することでスペイン内戦後の産業状況が大いに改善するはずです。
また民主主義のルートがもたらす国家安定度の低さについても懸念が表明されていました。これについては、ツリー全体に追加された安定性向上の要素が役立つはずです。

さらに、Expand Soviet Aid(ソ連支援の拡張)のツリー支部でのフォーカスにも批判が出ていました。これらのフォーカスはスペイン内戦の後に傀儡になるというペナルティを相殺するものとして十分ではなかったため、大幅に強化される事となりました。

現在フォーカスは一般的に35日間であり、その期間のフォーカスには非常に強力なボーナスが提供されます。
現在いくつかは即席の産業を提供しているものもあれば、軍隊の経験値、戦争支援、技術的なボーナスなど、その他のボーナスを提供しているものもあります。
しかし一方で今では、共産主義への支持も増やしています。
案としては彼らの精神に影響を与える(以前と変わらない)、あるいは瞬間的なブーストを与える(新しいもの)のいずれかになります。

私が異議を唱えた批判の中に、民主主義がソ連の援助を拡大せずにスペイン内戦に勝利した場合には 「報われる」 べきだというものがありました。
私の考えでは、スペイン内戦の終結後プレイヤーが傀儡になっておらず、世界の主要な超大国の一つに対して独立戦争を行う必要はないという単純な事実は、十分な報酬に値します。
ゲーム設計としては常にスペイン内戦間でより容易な時間の選択、またはその後のより自由な選択を強調するように意図されているのです。

スペイン内戦全体にも追加的な調整が加えられました。
FeedBackGamingのビデオを見たことがある人もいるでしょうが、彼は私の挑戦に応え、二ヶ月以内にスペイン内戦を終結させました(正確には1週間でです)。
FeedBackGamingがこのシステムを非常に賢い使い方をしただけなので、駐屯兵のコントロールシステムに変更を加える必要はないと思うし、どこで戦いどこで戦わないかという賢明な選択をしたプレイヤーが報われるべきだと思います。
また、スペイン内戦を短時間で終結させることは必ずしもメリットではありません。
大量の陸軍経験点と、それ以外の方法では実現できなかった多くのフォーカスを失うことになります。
そうは言っても、このビデオではスペイン内戦を短期間で終結させることに伴う多くの問題が明らかにされており、これらは意図されたものではありませんでした。
バランス調整のため、そしてバグ修正のため、私が変更し調整したいくつかのことを挙げます。

私は、共和党スペインがスペイン内戦で簡単に降伏してしまうのではないかと感じ、いくらか調査したところ、根本的な問題があるように思われ、その結果、彼らの降伏最低限度が意図したものよりもはるかに高くなってしまっていました(15%ではなく40%)。
私はこの問題を修正し、Death Before Surrenderで定められている最小の降伏限界(共和党に関してだけです)を5%に引き下げました。
これは、彼らがこれからもずっと長く戦い続けることを意味します(彼らを降伏させるためにほとんどのVPを投入しなくてはいけないでしょう)。

スペイン内戦の終焉を 「よりタイミングよく」するために、Death Before Surrenderは恒久的なものではなくタイミングが取られており、1939年初めには失効します。
これは長期化する戦闘による士気崩壊をシミュレートするものであり、同時にスペイン内戦がその時点でまだ猛威をふるっているのであれば、1939年には終結する可能性がはるかに高くなります。

さらに、プレイヤー(またはAI)がアナーキストのルートを進まない場合(その場合、彼らは新しい師団を生み出すのではなく、既存のスペインの師団の一部を受け取るだけになる)、蜂起時に発生するアナーキストの師団には最初に100%ではなく25%の装備しか与えられません。
これによって、ルートを進まない状況におけるアナーキストの反乱をより弱くするはずです。

今回最大の変更点は、スペイン内戦の処理方法が全面的に見直されたことです。
今回の変更は要するに次のようなものになっています。
カーリスト/アナーキストの蜂起にカウントダウンされていたタイマーミッションはスペイン内戦で相手側が敗北した場合でも止まらなくなりました。
その理由は二つあります。
一つは、共通の敵が敗北したときに、断片化した同盟が突然相違点を棚上げすることは無意味であり(どちらかというとむしろ内輪もめはもっとひどくなります)。
そしてもう一つはこうすることで、スペイン内戦を予想よりもはるかに早く終結させた結果として生じた多くの問題を解決できるからです。
この変更自体は比較的些細なことに聞こえるかもしれませんが、さまざまなことに影響を与えます。

まず、アナーキスト/カーリストが立ち上がる前に他の派閥を倒せば、「スペイン内戦終了」のニュースイベントではなく、上記のニュースイベントに置き換わります。

このイベントはスペイン内戦を「終了」させないので、進行中のスペイン内戦に依存するフォーカスを取得することができます。
実際の「スペイン内戦終了」ニュースイベントは、内戦が「再開」したときに対立する派閥を倒すか、またはフランコ主義者として、カーリストが蜂起する前にFuse the Partiesに到達するか(上で示しています)のどちらかによって引き起こされます。

これらのイベントのローカライズの多くは、発生する可能性のある新しい状況に合わせて「意味をなす」ように書き直されており、まったく新しいイベントもいくつか追加されています。

他に一連のバグフィックス以外に最後に言及に値するものとして、合計10%の非同盟サポートがフランコ主義のフォーカスに追加されたことでスペイン内戦が終了した後も非同盟のままでいることがやや簡単になり、そうすることで連合国に参加しやすくなるという事です。
しかし、アドバイザーの多くはファシズムの流れに乗ろうとするので、アドバイザー選択は慎重に行う必要があります。

これで今日の開発者日記は終わりです。
過去3年間、HoI4の開発に取り組んできたことは大きな喜びであり、今後の展開を皆さんが楽しめることは間違いないでしょう。
この数年間、皆さんありがとうございました。
Imperatorのフォーラムで私を見つけてください:)

最後に…久しぶりにHoI4をプレイしたり、あるいはHoI4のプレイ方法を学びたい友人がいますか?
本日の14:00(中央ヨーロッパ標準時)からDanielがHoI4の遊び方の初心者コースを行うストリームをご覧ください。


以上

振り返り感想

今日はちょっと忙しいので感想はカット。
急いで記事を書いたので、ところどころおかしい所が(いつもに増して)あるかと思いますがご了承ください。

新DLCリリースでしばらく日記は中断かなと思ったんですが、まだ続くみたいですね。
ちょっと今忙しいのでできればしばらく中断して欲しい…。