HoI4 開発者日記 第24回 貿易と資源 2015/9/11

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第24回目を紹介。

今回は貿易と資源についてです。

Hearts of Iron IV - 24th Development Diary - 11th of September 2015
Hi everyone, and welcome back to another development diary Some aspects have already been mentioned regarding trade before, but we will repeat them...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2015年9月11日分 (第24回) 貿易と資源

以前貿易に関していくつか言及しましたが、ここで改めて皆さんにハッキリ説明したいと思います。

国際取引の概要

まず、資源には備蓄という概念はありません。
あなたが持っている資源のすべてが毎日使用されるとみなされます。
世界中には6種類の資源があります。

 

  • 石油 – 船舶、タンク、飛行機
  • ゴム – 戦車、トラック、飛行機
  • アルミニウム – 飛行機、支援装備
  • スチール – 戦車、船舶、銃
  • タングステン – 重砲、対戦車砲、ジェット飛行機
  • クロム – 最も近代的な戦車

生産ラインに資源が不足しているか、国内の資源が不足している、または取引(輸出)されている場合は、生産効率に最大100%のペナルティがあります。

資源取引は、民間の工場を貿易のために閉鎖する事になりますので、他の建物の建設量を制限します。逆に資源を輸出すれば外国の民間工場を利用することになり、利用可能な民需工場の値が増えます。

この、輸出入で民需工場が減増する仕様。ゲーム上の都合でこうなっているんでしょうけど、ぶっちゃけ意味不明で分かりにくいっす(´・ω・`)

戦争相手の国と取引しないことを除けば、プレイヤーがどの国に対して資源輸出するかは妨げられません。輸出に割り当てられる資源の量は、あなたの政府が自国の生産のために資源を要求するようにする貿易法律によって決まります。ブロック経済のようなある特定の国家方針は貿易に制限をかけます。

他の国からの資源を得るには、輸送船を必要とし、常に輸送船を提供しなければいけません。もちろん、こういった処理はすべて自動的に行われます。

各国は、距離と関係に依存している他の国との貿易の影響力を持っていますが、他の国よりも優先してあなたと取引するために、国境に軍隊を置くことによって脅しをかけることもできます。また傀儡国家は、常に宗主国に対して完全な取引権を放棄しなければなりません。

 

来週は法律や政治について、昨年の冬以降に行った修正について話します。

以上


感想

今回は貿易および天然資源についてでした。
上でも書いた、輸出で民需工場が減り、輸入で民需工場が増える仕様。もっともらしい理由が書いてあるけど、私はこれパラドのゲームデザインの失敗だと思います。もうちょっと別の方法を考えることはできなかったのか?というのが率直な気持ちです(-_-)
初心者にとってわかりにくい民需工場の転用・インフラ投資などなどに加えてそこに貿易による増減まで関わってくると余計混乱してしまいます。
HoI4 開発者日記 第24回 2015年9月11日分は以上となります。