HoI4 開発者日記 第95回 ライセンス製作と地図の変更 2017/4/19

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第95回目を紹介。

今回はライセンス製作と地図の変更についてです。

HOI4 Dev Diary - License production and map changes
Hi everyone! I hope you had a nice Easter break 🙂 Today we continue showing stuff for the unannounced DLC and the Oak (1.4) update. For those who...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2017年4月19日分 (第95回) ライセンス製作と地図の変更

  • まだ予告出来ていないDLCとOak(Ver1.4)アップデートのための内容を紹介します。オークパッチの主なポイントは、AIの大きな問題に変更を加え修正し、空戦をもっと楽しい体験にすることです。それらは今現在進行中ですので後日詳細を紹介します。
  • 今回の主なトピックは、ライセンス制作とマップの変更です。

ライセンスの製作

  • 以前の開発日誌で述べたように、各国は必要な機器を新たに入手することができます。
    ある国が必要なものを生産するために必要な技術が不足している場合、地元の工場で戦車、飛行機、銃などの外国の機器を製造するライセンスを要求することができます。
  • 歴史的には、これは様々な形で起こった。すなわち、現地の製造から、外国の車両の組み立てに至るまで、局所的に供給される部品を使用する設計を採用してもしなくてもよい。
  • 有名なスウェーデンのBofors 40mmは広範にライセンスされており、カナダのGrizzly tankはSherman M4デザインの現地生産品でした。
  • ゲームでは、外国と良好な関係を持つ国が、外国の機器を製造するためのライセンスを要求することができます。
  • ある国がライセンス供与する機材は、その関係に依存している。例えば、ドイツは、最新の戦車や戦闘機の設計を他の国に引き出したいとは考えていないかもしれませんが、Panzer IIをフレンドリーな国や中立国に提供することは喜んで行うだろう。

  • 国家方針は、ライセンスを提供したり、ライセンス制作にボーナスを提供することもできます。
  • 前回の日記では、ルーマニアの国家方針ツリーを紹介しました。これらのうちのいくつかはライセンス製造と戦闘機の獲得を含む、Fighter Competition(戦闘機のコンペ)イベントを引き起こします。

 

  • ライセンス供与された機器の製作は、独自のデザインの機器を製作するよりは非効率です。
  • 最先端の機器をライセンスにより生産することは顕著なペナルティとなりますが、数年前の設計であれば自前の技術と同じくらい効率的に生産することができます。
  • あなたがライセンスデザインの所有者と同じ派閥にいない場合は、僅かな技術サポートと製造支援を受けるだけとなります。

  • ライセンス供与機器では、自分自身でロックを解除した場合に研究ボーナスを得ることができます。
  • この機能はまだ発表されていないDLCによるものです。

マップの更新

  • できるだけさまざまな地形が重要ですが、それらの違いはなかなか目視で確認することができていませんでした。
  • オークアップデートでは、地図のテクスチャを更新し変更しました。
    特に丘陵や山岳地帯での変更になりますが、森林も隆起します。

不都合な領域

  • 私たちがこれまで何度も既に解決した、と考えてもアフリカへ対してAIが過度に目を向けるという問題が生じています。
  • これについてコミュニティからのフィードバックがたくさんありました。アフリカではすでにいくつかのModによる改造が行われているので、私たちがアフリカに穴を開けることを躊躇していましたが、私たちはまだ何かを作業する必要があると感じましたので、私たちはオークアップデートで若干異なるアプローチをとることを決め、新しい種類の難しいエリアを実装しました。
  • HOI4の時間枠では、大規模な軍隊の動きはサハラではできないということはかなり現実的なので、軍隊をブロックし、AIが意味をなさないより多くの軍隊をそこに置きたがるような事態を避けることを決めました。
  • それは枢軸国のAIを大いに助け、プレイヤーにとってより面白い小規模な戦いを作り出すことが期待されます。
  • 現在、これらのエリアを不可解にする方法はありません。
    しかし私は、これらの障害がWW2の時代を過ぎ、将来的には高価なプロジェクトをしたり、高速道路を建設したりする事へと至る論理的なステップのような位置付けであると考えます。

  • 我々はまた、ヒマラヤ山脈とその地域の他の山岳地帯のいくつかの地域を通過するのを阻止するために不可解ないくつかの国境を設定している(アフガニスタンは現在、Khyber Passのようなより多くの国境のチョークポイントを取ることがさらに難しくなっています)。
  • あなたは周囲の領域を制御する不可解なエリアに入ることはできませんが、
    アフリカをコントロールすれば、空白地無しに地図を見ることができます。

来週はAIについて話します。

以上


感想

ライセンス機能の実装と、地図の変更についてでした。
私はこのライセンス機能は知りませんでした。
地図についてですが、全体のグラフィック強化は良いことですね(・∀・)
一方で進入禁止エリアの実装ですがこれどうなんですかね?
AIの修正が芳しくないのでその目的を達成するために無理やり地図に手をいれる方向に舵を切ったような印象もあります。
後からこういうことをすると余計にバグが増えそうな気もするんですが、その辺はきっとうまくやるんでしょう(・_・)
しかしこれまで通れていたエリアが後から急にルール変更!ってのは個人的にはあまりやってほしくないです。
ゲームなので胴元から与えられたルールでやるしか無いんですが、途中であまりルールは変えないでほしいという気もします。

HoI4 開発者日記 第95回 2017年4月19日分は以上となります。