HoI4 開発者日記 第94回 DLCの反響とルーマニア 2017/4/12

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第94回目を紹介。

開発者日記は2ヶ月ほど間を空けての再開です。今回から新DLC、Death or Dishonor関連の話題になります。

HOI4 Dev Diary - Reflections and Romania
Hi everyone! After a few weeks break we are finally back with weekly dev diaries covering the 1.4 “Oak” update and accompanying DLC (you are...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2017年4月12日分 (第94回) DLCの反響とルーマニア

皆さんこんにちは。数週間の休憩の後、1.4 “オーク”アップデートとそれに付随するDLCを紹介する毎週の開発者日記を再開します(全容についての完全な発表はまだ少し待つ必要があります)。

なぜ開発者日記を中断したのか

  • 多くの人々が開発者日記をどうして止めているのかと尋ねてきましたが、いくつかの理由がある。
    • 人々は「繋ぎ」の日記が好きではありません。話すことに面白いものがなければ、人々は望んでいるものが読めず、また開発チームの開発時間を実際に使っていないということになります。私はそういった日記を作ることを好まない。
    • 前日に話したことを基本的にコーディング完了した状態まで持っていくのは本当にストレスです。うまくいってもそれ以上の問題につながるかどうかわからないので、私たちはもうそういう事はしません。
      1.3.3では、改善を加えるために最後の一歩を踏み出していたため、日記を書くためのコンテンツを構築する機会はありませんでした。
    • 私たちが取り組んでいることのいくつかは、完了するまでに数週間かかる非常に大きなものであり、それは上記のものと結びついています。
      これらの事のうちの2つはAI関連であり、1つは日記中断前にOak Updateのためのより大きなものに取り組んでいたと言ったように空戦システムの変更です。
      すべてが適切に配置される前に部分的な紹介をすることは、あまり役に立ちません。
  • (作業が)うまくいけば物事がはっきりします。私たちが静かな(発言がない)ときは、ユーザーを愛していないからではありません。それは開発をやっているからです。

DLCの反響から学んだ教訓

  • Together for Victoryをリリースしたとき、私たちが国家方針ツリーのために得たフィードバックはいくぶん混在していました。
    多くの人々は、ツリーの大きさと全く新しいストーリーの下で国を奪う能力を得たことを好んだ。
    一方で多くの人々は、新しいツリーは彼らの遊び方に大きな影響を与えていないと感じていました。それはTFV(Together for Victory)に盛り込んだ何百ものイベントと焦点に非常に多くの開発時間を費やしていたため、私たち開発陣ににとってはやや残念なものとなりました。
  • 私たちはTFV後に実際にプレイした国のテレメトリデータを掘り起こし始めました。物事はかなり明確になっています。プレイヤーの約40%がドイツで遊んでいます。
    この拡張の導入で、コモンウェルスの小国は健全な強化を獲得しました。しかしプレイヤーの40%(ドイツで遊ぶ人達)には追加したコンテンツに関する効果は、シングルプレーのゲームにおいてはほとんど発生しませんでした。
    歴史的な焦点がなくなり、AIがファシストの道を辿ることに決めたときだけ、ドイツのプレイヤーは新しいコンテンツ(ニュースイベント)を見た。
    そして、それが発生したとしてもコンテンツは通常、提携の要請よりも少ししかありませんでした。
  • それが最初の大きな教訓でした。
    新しいコンテンツは、主要国、特にドイツにつながる必要があります。ありがたいことに、私たちはすでに次のDLCが枢軸にもっと焦点を当てるべきだと決めていたので、ドイツが関与すべき理由を考え出すのはあまり難しくありません。
  • 私たち自身が留意したもう一つの問題は、連邦諸国がお互いにほとんど相互作用していないことでした。
    彼らはおのおの自分の小さな場所に鎮座しているだけで、AIの隣人たちと一緒に自分のことだけをしていました。
    つまり、新しいフォーカスツリーを持っている国の1つをプレイしていても、あなたはまだ一般的なツリーを使用している国に囲まれているのです。
    あなたの地域の面白い出来事はすべてあなた自身が引き起こす必要があるという状態です。
    私たちもそれを変更し、あなたが周りの世界に注意を払うようにしたかった。
  • 新しいDLCはまず最初に新しいフォーカスツリーをもたらします:

ルーマニア王国

  • ルーマニアは第二次世界大戦の中で非常に興味深い国です。彼らは – 技術的に – ある時点で戦争の3つの側面すべてに存在していた(戦争が十分に長くなってしまったので、中国合同戦線で何とかしてしまったことは間違いありません)。
    戦間期にルーマニアはポーランドと提携し、歴史的にフランスと緊密に調和していた。
    その際、ポーランド人は、国境にある中立州を連合軍隊や補給物資輸送に使うため、ルーマニアとの同盟を活性化しないことにしました。
  • この戦略は、ポーランドの優位性に対して完全には働かなかった。
  • その後、ルーマニアは大陸でのドイツの覇権争いについて言及しなければならなかった。ルーマニア人が常に自国のモデルとして考えていたフランスがわずか6週間でドイツ国防軍に陥落された際(フランス人AIが壊れたという主張は歴史家によって確認されていないと主張している)、これはさらに顕著になった。キャロル2世は同盟のためにドイツに接近し、ルーマニアを枢軸軍に連れて行ったが、ソ連、ハンガリー、ブルガリアがルーマニアに領土を要求した後ではなかった。
  • ルーマニア人は軍隊の近代化においてドイツの援助の代償として名目上、枢軸軍の石油供給の大部分を供給した。彼らはまた、スターリングラードの戦いの間にドイツ第6軍の側面を保有していなかったことで有名なソビエト連邦侵攻に参加した(防衛面で考えるとドイツ人には悪い選択であったが)。
  • 戦争がルーマニアの土地に移動することを脅かすと、国は再び両陣営を変え、ソ連側の戦争に加わり、ドイツ人を追放し戦争をハンガリーに運んだ。
  • ゲームプレイでは、ルーマニアはかなり弱い立場に立たされ、弱体化しているか同盟国であるか、ソ連がしばらく関心を向けようとしている。しかし、軍隊はかなり時代遅れであり、産業は弱く、周囲の国々はすべて領土を狙っている。
  • ルーマニアの国家方針ツリーは、その領土を維持しようとすることを中心にしています。歴史的に、ルーマニアは、ドイツと連合国と並行して交渉し、最良の取引をしようとする、非常に柔軟な政策に従った。これはあまりにも早い時期にあなたを連合の構成国として閉じ込められないようにゲーム上で表現されます。あなたが派閥に加わっていない限り、自由に交渉して、主要な権力から新しい技術や機器を手に入れることができます。
  • あるいは、積極的に行動して、バルカン諸国の中で最強の力を発揮し、自分をバッファー状態の紐で包囲することができます。それはあなたに古い同盟とぶつかることを要求するでしょうが、彼らはとにかくあなたを助けるつもりはなかったのでしょう。

  • ルーマニアには、陸軍、空軍、海軍の開発方法についてもいくつかの指針があります。

  • 内部的には、ルーマニアにも、多数の問題(その最たるものは国を導こうというキャロル王の試み)がありました。
    献身的な快楽主義者であり他には献身的ではない夫であるキャロルは、自分が唯一国家を導ける存在であると考える一方で、スキャンダルの絶え間ない存在だった。あなたは彼を扱う方法を学ばなければならないでしょう。時間と資源を必要とし、どちらも不足しています。
    一方、キャロルには独自の新しい能力があり、より安いコストで人材を募集することができます。彼を守りたいかどうかはあなた次第です。

ゲームへの没入性の増加

  • 国と対戦することへの没入性はイベントだけではありません。
    国家方針ツリー、ビジュアル、音声も一役担います。
    ルーマニアはルーマニアの兵士と有名な飛行機とタンクの3Dのモデル、新しいリーダーの肖像ならびにユニークなボイスオーバーを得ます。

来週はまた別の国を紹介する。

 

以上


感想

今回は久しぶりの開発者日記というこで、TFV発売後の反響により得た教訓と次のDLCに向けてルーマニアの紹介でした。
DLCが出ても実際のところ相変わらずドイツで遊ぶ人が全体の40%だったということですが、これについては
  • DLCが売れてない
  • DLCが不評

というのがあると思います。Steamのレビューを見ても価格分の内容が無いという感じで批判されてるんですよね・・・。
じゃあドイツと関連性を高めた次のDLCは大絶賛されているのかというと、これまたSteamでの評価は渋いようで・・・( ´Д`)

HoI4 開発者日記 第94回 2017年4月12日分は以上となります。