HoI4 開発者日記 第106回 私たちは帰ってきた 2017/8/16

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第106回目を紹介。

今回はパラド社の夏休みが終わり、HoI4開発再開とVer1.4.2アップデートの内容についてです。

HOI4 Dev Diary - We're back! (and 1.4.2 patch)
Hi everyone! The HOI team is now back after recharging batteries on summer vacation (although yet again I failed to go visit the submarine museum in...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2017年8月16日分 (第106回) 私たちは帰ってきた

皆さんこんにちは!HOIチームは、夏休みにバッテリーを充電して戻ってきました。

HoI4 Ver1.4.2パッチ

私たちは、やりたいことをたくさん残した状態でしたので、小さなパッチ(Oak 1.4.2)からまずはスタートします。

以下変更ダイアログがずらずらっと並びますがバグ修正がメインなのでカットします。詳細を知りたい方は原本をお読みください。

少し無料の肖像画を追加しました。
これは、すべての出発国にユニークな肖像画があることを確認するための現在進行中のプロジェクトの一部です。
うまくいけば私はVer1.5の段階でそれが達成されると期待しています。

追加された画像はこちら。

私たちはまた、古くから存続している、AIの難しい問題に取り組んできました。

イタリア海軍が海峡を通ろうとする船(主にアフリカからの船)を破壊し、ドイツを援助してしまうという問題である。

1.4.2のソリューションは、特に海峡と地中海の問題に対処するためのもので、特に危険な領域をAIに強調表示しています。

AIはそのような危険領域を通って前線に移動する必要があり、また危険が十分に高いときは、それらの軍隊を代わりの何処か別の場所で使用するよう振る舞います。

したがって、例えば、イタリアはアフリカから軍隊を動かしより優先順位の高い戦線に移動させ、その戦線で戦うことになるでしょう。

長期的には、AIに危険度を指摘するやり方ではないダイナミックな解決策を考え出したいと思います。

AIについては常に改善のために進行中の作業ではありますが、我々はより有能な輸送AIのために良い一歩を踏み出したと思っています。

以上


感想

今回の開発者日記でDeath or Dishonorに関するトピックは終了となります。
次回からは新しく展開される、アジアに注目したDLCのお話がスタートします。

HoI4 開発者日記 第106回 2017年8月16日分は以上となります。