HoI4 開発者日記 第115回 新しいドイツ 2017/10/18

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第115回目を紹介。

今回はドイツが新しくなるよ。というトピックです。

HOI4 Dev Diary - A New Germany
Hello everyone, and welcome to a new dev diary for the 1.5 “Cornflakes” update and the as-yet unannounced accompanying DLC. For those of you who...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2017年10月18日分 (第115回) 新しいドイツ

今回も1.5 “コーンフレーク”アップデートとまだ公開されていないDLCについて。
私の名前はDrikusで、HOI4のコンテンツデザイナーを支援するためDeath or Dishonorの開発に手短に参加した後、夏にHoI4チームに再加わり、次の展開に取り掛かっています。

主要国の国家方針ツリーを変更予定

リリース以来、ファンデータベースにおける代替ツリーへの関心は、予想以上に大きいことが明らかになりました。

残念なことに、主要国のための私たちのフォーカスツリーの多くは、その点で多少不足しており、変更したいものとなっています。
そこで私たちはいくつかの新しいフォーカスツリーを追加します。

今回は2つの主要な国を改革する予定です。
この試みが普及していくようであれば、私たちは将来の拡張でこの修正を続け、最終的には全ての主要国でより多くの選択肢を持つことを計画しています。

まずは我々はHOI4の最も人気のある国であるドイツでスタートすることにしました。

ドイツの国家方針ツリー変更

次回のDLCではマイナーな国々の新しい樹木に合わせて焦点を当てて来たように、ドイツのフォーカスツリーが更新されます。

さらに、DLCを購入していないプレイヤーでも、これらの変更の一部が反映されます。

例えば、私たちはドイツのツリーの工業的な部分における重労働を取り除く努力をしました。

当初は4つの焦点に至る素早いルートだけであったが、現在では16にまで拡張されています。
そこにはより多くの要塞化へと辿るルート、より多くの国内産業に注目するルート、そしてハンガリーとルーマニアそしてその他のヨーロッパの国々の「経済的習慣化」に焦点を当てたルートがあります。

ボーナスとして、第5世代研究のスロットにはもう少し早くアクセスできるようになり、Air Innovations IIはもはや必要なくなりました。

これらの変化は、産業のバランスに多少影響を与えるでしょう。
私たちは日記の後にそれをどのように処理するのかを検討します。

1.5 “Cornflakes”アップデートでは上記のすべてが無料になります。

しかし、以下に紹介するのはDLCの内容の一部となります。

DLCによるドイツの拡張

ドイツの別の歴史的経路は、ヒトラーがいつ、どのように停止されたかという疑問があります。
これらの疑問については非常に議論の余地があり、通常、(皆が納得する)合意というものはあまりありません。
しかし、私たちは、ラインラントの再武装化によって引き起こされた、ヒトラーに対するWehrmachtの抵抗の可能性を探求することを選びました。

ラインランドに関する国家方針と相互排他的な新しいパスが追加されました。それは、伝説のAugust von Mackensenが率いる内戦を引き起こすものです。かつて勝利したパスは分割されます。

プレイヤーは古いカイザーライヒを復活させ(国を「ドイツ帝国」に改名するか)、オランダでカイザー・ヴィルヘルム2世の追放させる。
もしくは、民主的選挙を復活させ、Wehrmacht将校のため「妥協策」として憲法君主制を確立するかです。
このルートでは、ヴィルヘルム2世の息子はヴィルヘルム3世のように王位につきます。

さらに、南北戦争後のドイツの再建に焦点を当て、ドイツの大陸の役割を「ボルシェビズムに対する守備塔」に導く小さな4つの共有のルートがあります。

帝国に至るツリーでは、プレイヤーは大戦争の復讐の選択肢を得ています。
あるいは、過去を過去とし、共産主義の脅威に焦点を当てることもできます。

前者はドイツに再び「太陽の中の場所」(青島の帰属のために中国や日本をいじめる)の権利を主張し、植民地のために英国とフランス相手に戦いを挑みます。

ソ連が敗北し、プレイヤーが西に集中したい場合のために、国の軍事生産のかなりの量を海軍生産に転用する新しい非常に強力な後期ゲームの国家方針が追加されました(プレイヤーがDLCを所有している場合は、ファシストにも利用可能)。

ツリーはまた、オーストリア – ハンガリーの後継国における帝国の感情を刺激し、Victor Emmanuel III王に有利になるようムッソリーニの排除を企てることで、中央権力の再創造を可能にするものもあります。

第二の帝国の道は、英国を許しドイツ帝国海軍のすべての夢をあきらめます。
英国の海軍覇権を受け入れることの代償として、欧州全域の共産主義の脅威に対抗して同盟を結ぶことができます。

アルザス=ロレーヌを巡る(共産主義)フランスとの懲罰的戦争はイベリア共和国から共和党員を追放し、最終的にはソ連との直接戦争へと引き継がれます。

英国同盟と植民地ルートの両方で利用可能な小さな共有ツリーにより、ドイツは東縁を守り、メメルを取り戻し、ソ連に対して軍事保証をするためにダンジジを取引し、保証と軍事的支援をバルト諸国とフィンランドに援助する。

民主主義の道はいくつかの卑劣な外交作戦を伴います。
ソビエトに強く反対し彼らの悪魔のような性質を暴くことによって、ヨーロッパの他の国々をあなたの領域に引き込みます。

これは中央ヨーロッパ連合(Central European Alliance)を創設することにつながります。そこでは、ヨーロッパのほとんどの小国がさまざまな焦点を持って招待され、独裁者が独自の権力ブロックを作って歴史的なフランスのタイリ肉におけるリーダーシップの役割に挑戦することができます。

この行動を取れば、ソビエト連邦が脅威的に姿を現し、ソビエトが影響を及ぼす範囲に存在しており脅威を感じる国家に対し、彼らに準備を促すための様々なボーナスを得るだろう。
この相互的かつ意図的なエスカレーションにおいては最終的にソビエトが侵略する前に、陣営に招待することが可能なすべての国は招待することができない可能性が高い。
最終的にドイツはソ連への戦いに参加し、共産主義者との戦いへとヨーロッパを導くことができる。

さらに、民主的なドイツは6段階目の研究ツリーを獲得し、技術協力やその他の協力を通じて同盟を強化することも可能です。

さらにボールが転がり始めると、プレイヤーが侵略のタイムテーブルをよりよく制御できるよう、”OperationWeserübung”のような国家方針ツリーを調整しました。

我々は、中核となるツリーの基底部分をわずかにブラッシュアップし、さらに海軍建設アップの2つの方針を追加したり、計画Zにいくつかのドックヤードを追加したりしています。

ドイツではまた新しい工業用ツリーにおいて経済的な強化、国家のゲーム開始バランスを再検討しています。
その意図は、ドイツを初期段階で弱くすることにありますが、戦争が起こる直前では建設が早くなる仕様になっています。

そのため、スタートアップ時に新しいアイデアを追加しました。
MEFO法案は、消費財を20%削減します(消費者にはまったく良い要件ではありません)が、3ヶ月ごとに延長をする必要があります。
これらを拡張する対価は、これらが拡張されない場合に支払われなければならないペナルティと同様に、徐々に増加していきます。
これらの対価の払い戻しは、戦争に行くことによって遅れることがあります。
その場合、支払いは戦争の終結後まで延期されます(ですのでこの方針を取得する余裕があることを確認してください)。

最後に産業部門とツリーと同様に、この段落で言及されたものはすべて、DLCを所有することなく利用できるようになります。

※「この段落」の範囲は直前の画像以下からここまでの文章内容となります。

最後にフルサイズの国家ツリーです(あまりにも巨大なのでPCでの閲覧推奨)

以上


感想ドイツの国家ツリーを新しくするというトピックでした。
これまでどんどん主要国以外のツリーを強化していたので、これって主要国とのバランスが取れなくなるんじゃ・・・と思っていたのですが、これで一安心ですね。
ただ相変わらずフォーラムで文句を言ってる人はいるようですが。。。

HoI4 開発者日記 第115回 2017年10月18日分は以上となります。