HoI4 開発者日記 第145回 ポストコロニアルの世界:地図の変更と新しいタグ 2018/7/11

スポンサーリンク
更新情報
バルカン化された世界地図の状態(そしてバルカンは未着手)

Hearts of Iron IV 開発者日記 第145回目を紹介。

今回は主にマップの描画変更について。

HoI4 Dev Diary - A Post-Colonial World: Map Changes and New Tags
Hello everyone, and welcome to yet another dev diary for the 1.6 “Ironclad” update and the Man the Guns DLC! As this diary goes live I'll be on...

そして今週も先週の開発者日記と同じ方が担当で、一部読解しにくい文章&かなりのボリュームになっています。

今回も簡略化して可能な限り紹介してみたいと思います。

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2018年7月11日分(第145回) ポストコロニアルの世界:地図の変更と新しいタグ

地図の変更

1.6「Ironclad」アップデートとMan the Guns DLCに関するまた新たな開発者日記へようこそ。

イギリスの国家方針ツリーのデザイン再設計が始まることで、いくつかの種の飾り付けや、それに付属するすべてのタグとマップの変更が必要となった。

現在のゲーム内の国境を使い、英国帝国を形作って終わりーとする事もできた。

しかし、新しいタグを追加し大英帝国だけでなく、フランス、ポルトガル、オランダ、ベルギー、スペイン、イタリアの植民地時代の帝国、さらにはソビエト連邦も再設計することとした。

現代では国(特に小国)の数が非常に多いため、このプロセスは決して完全ではない。

私(今回の日記担当のパラド社のBratynさん)の個人的な時間を使って、さらに内容を発展させることができるが、個人の時間を使うことになるので最終的なことは約束できない。

内容のさらなる掘り下げを行う前に、現在の状態を紹介する。

アジア(中央アジア、インド、パプアニューギニア)

カザフスタンの国旗やタグファイルをゲームのフォルダに追加した。

このタグを以前の段階で作らなかったのは、国境線の変更があったのが理由。

タジキスタン、ウズベキスタン、キルギスタンの複雑な国境及び、後者2カ国がカザフスタンと北部と接する国境を適切に表現するため広範な作業が行われている。

北東部のカザフスタンとの「オレンブルク」 – 「マグニトゴルスク」国境にはさらに小さな変更が加えられた。

以前の中央アジア

変更後の中央アジア

次にパキスタンに対する変更を行っているが、インド亜大陸をさらに分割する可能性はない。

「東ベンガル州」への十分な調整の後、バングラデシュも解放することが可能になった。

以前の東ベンガル

変更後の東ベンガル

新規タグ

カザフスタン
ウズベキスタン
タジキスタン
キルギス
トルクメニスタン
バングラデシュ
スリランカ
ビルマ
パプアニューギニア

全ての中央アジアのタグが公開された

インドの新しいタグ

中東

シリア、レバノン、イスラエル/パレスチナ、そしてヨルダンが登場することとなった。

この地域にはまだ作業が残っている。

地図では「カタール」を追加することによって「アブダビ」状態が解消される。

新規タグ

クウェート
カタール
アラブ首長国連邦
キプロス

全ての古き時代の中東のタグがリリースされた

アメリカ(カリブ海)

この地域での地図の変更はない。

しかし9つのタグを追加した。

新規タグ

ベリーズ
ジャマイカ
バハマ
プエルトリコ
グアドループ
トリニダード&トバゴ(英国の風上&風下の島を含む便宜のため)
ガイアナ
スリナム
キュラソー

ウィンドワード諸島 (西インド諸島)の地域には「風上の島、風下の島」という呼び方があるようで、詳細はwiki等を御覧ください。
ウィンドワード諸島 (西インド諸島) - Wikipedia

全ての新しいアメリカのタグがリリース

アフリカ

スーダンとエジプトの国境を可能にするため、西スサート州を2つに分割し、スーダンの一部は「北ダルフール」と分けた。

南アフリカの「ローデシア」州は3カ国を含み巨大であったため、それらを3つに分割しマラウイとザンビアをジンバブエから分離させた

さらにコアに関して、ケニアがウガンダとタンガニーカ(現在は独自のタグで表されている)のすべてを管理しないように、コアを再設定した。

ベルギー支配下のコンゴにも欠陥がなかったわけではなく、新しくルワンダとブルンジを新しい州として「スタンレービル」州から分離した。

以前のアフリカ南東部

現在のアフリカ南東部

フランスのアフリカ植民地の修正に取り組むことは頭がおかしくなりそうだった。

この地域はおそらく最も地図が大きく変化し、「ガボン」、「赤道アフリカ」、さらには不可解な「サハラ南部」国境において州が移動し、州自体がまるでバルカン半島のようになった。

これにより、「中部コンゴ」、「カメルーン」、「チャド」、「BET」(ボルコウ=エンネディ・ティベスティ地域)の4つの全く新しい州が追加された。

さらに、「カメルーン」の国境は「ナイジェリア」を犠牲にすることでわずかに調整された。

以前の中央アフリカ

現在の中央アフリカ

次に非常に労力の少ない「フランス西アフリカ」の状態を扱った。

「ギニア」、「アイボリー・コースト」、「アッパー・ヴォルタ」、「ニジェール」、「トーゴ」、「ダーメイ」という6つの新しい州が導入された。

州自体は「マリ」に改名され、不可能な「モウレタニア」州は失われた。

“Mauretania”との国境は平らになり、 “Tombouctou”州は適切なマリ国境を可能にするために “Mauretania”州から分離された(国境も再描画された)。

以前の西アフリカ

現在の西アフリカ

最後に残りのマイナーチェンジで「ガンビア」州の州を2つに分割するだけでなく、「リオデオロ」からシディ・イフニの飛び地を分割し、独立した状態にした。

「モレタニア」は、ゲームで完全に不可解なので、残念ながらそれをタグとしなかった。

新規タグ

モロッコ
アルジェリア
チュニジア
スーダン
エリトリア
ジブチ
ソマリア
ウガンダ
ルワンダ
ブルンジ
タンザニア
マラウイ
ザンビア
コンゴ共和国
ガボン
赤道ギニア
カメルーン
中央アフリカ共和国
チャド
ナイジェリア
ニジェール
ダホメ
トーゴ
オートボルタ
ガーナ
コートジボワール
マリ
シエラレオネ
ギニア
ギニアビサウ
セネガル
ガンビア

全てのアフリカのタグ

ヨーロッパ

“ベッサラビア”の国境がここで犠牲者であり、現代の国境を可能にするためにはそれを2つに分割しなければならなかった。

ウクライナとモルドバの両方のコアを持つ新しい州「南ベッサラビア」が加わった。

以前のベッサラビア

現在のベッサラビア

次はポーランドの北と西の国境について新しい州「ケーニヒスベルク」は、ほぼ東西の国境に沿って、「オストプルーゼン(Ostpreussen)」から分離された。

事実上、東部のすべてのポーランドの州には州が再描画され、現代のポーランドの真の国境が表示可能となった。

さらに”Wilno”州を分割して “East Wilno”と改名し、現代のリトアニア国境に沿った新しい州 “West Wilno”を追加した。

さらに「西ウィルノ」を支配する者に対してリトアニアを勝利させ、彼らから国家の支配権を奪い取る人たちのために、少しの秘密を含めてあります。。。

この「秘密」が何を示唆しているのかは不明です。もっと簡潔に書いてくれれば良いのですが・・・。

以前のポーランド

変更後のポーランド

最後に以前は「セルビア」国家の一部であった領土を表す「ウェスト・バナット」と呼ばれる「ボジボディナ」から新しい州が分裂した。

さらに、11580番地は「ヴォイボディーナ」から「クロアチア」に移された。

これにより、歴史的な占拠地帯とオーストリア – ハンガリー国境の両方を持つことが可能になった。

以前のヴォイヴォディナ

新しいヴォイヴォディナ

新規タグ

マルタ
モルドバ
スコットランド
ウェールズ

新しくリリースされたタグとポーランドの国境を表示

 

(現段階での)世界のすべての追加の最終的な状態。

8つの新しいプロヴィンス
22の新しい州
59の新しいリリースタグ
多くの州と州との国境の変更

 

バルカン化された世界地図の状態(そしてバルカンは未着手)

 

これから2週間開発者日記は休みとなる。

8月初めに定期的な開発者日記のスケジュールで再開できるだろう。


以上

振り返り感想

今回はMAPの改修がメインのお話でした。
HoI4についてはなんで最初から正しい世界地図を描いてリリースしなかったんだろうという気はします。

細かい部分であったり紛争地帯で国境線が明確でないような地帯については、そりゃ仕方ないと思います。
でも明確である国境線を適当にしたり、国家の区分を曖昧にしてるのは当該国や地域に住んでる人にとってものすごく失礼なことですよねえ。
この辺の感覚はまた日本人と欧米人とでは違うのかもしれないですが・・・。

とはいえ世界地図を再現する方向に動き出しているので今後もこの流れが継続されることに期待したいです。

HoI4 開発者日記 第145回 2018年7月11日分は以上となります。