HoI4 開発者日記 第208回 AIと機能のアップデート 2020/2/19

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第208回目を紹介。

今回はAIと機能の更新に関するお話です。

HOI4 Dev Diary - AI & Feature Updates
Hi everyone! From the time we show off features in dev diaries and release a lot happens. Usually it's just bugfixing and work behind the scenes, but...
以下、パラドックスフォーラムの内容を意訳したものとなります。
正確を期すよう努めていますが詳細はパラドックスサイトの原文をお読みください。

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2020年2月19日分(第208回)

今回の日記担当は、HoI4″総帥”のpodcatさんです。

冒頭のあいさつ

皆さんこんにちは!
開発者日記で将来の機能を披露しました、そしてリリースに伴って多くの事が起こります。通常はバグ修正をしてバックグラウンドの作業のみですが、大きな変更を伴うこともあります。
そこで今日は、前回機能変更に関する記事を読んで以降、変化した部分をいくつか取り上げます。まずは、AI開発について少しお話ししましょう!

AIのアップデート

1.9’Husky’とLa Résistanceについて作業をスタートさせた時以来、達成したい2つの主なことがありました。
最初は、レジスタンスにより多くのテコ入れを行うことで、ドイツを弱体化させました(実際には弱体化させずにです)。
新しいレジスタンス・システムを作った後、ドイツはポーランドの舞台裏での大規模な蜂起で一貫して崩壊することになり、それを全て管理するだけでなく、機器の生産をより良く制御する方法を伝える必要もあるため、これはかなりうまくいきました。
今ではレジスタンスが常に駐屯地にダメージを与えており、予備の駐屯地を作れないので、ユニットを急いで送ることよりも備蓄がより重要となっています。

2番目は、ドイツ(結局のところ、第2次世界大戦)とも関係がある。
HoIでは(バージョンに関係なく)、ドイツがソ連を打倒し、同盟国が侵攻による圧力を取り除けないようなバランスを常に追求してきました。
これにより、すべての大きな陣営がアクティブである必要があり、プレイヤーが遊ぶ場合にはステップアップをする必要があります。
では、これが現実的なターゲットかどうかを議論する10ページに及ぶコメントにジャンプ…。結局これは私が思うに、ゲームプレイのためなのです。
歴史的に見れば、私は個人的な考えでは、ソ連は自力でドイツを打ち負かしただろうと確信しています。
ソ連が独力でドイツの相手をすることになれば、英米両国と戦う意味はなくなってしまいます(さて、どうしたらいいか議論を始める前に、日記の残りの部分を読み進めましょう(笑))。

ともあれ、Ver1.7では連合軍が侵攻を成功させるのに成功したことはほとんどなく、イタリアでラッキーだったか、ギリシャをパンチで破ったくらいのことしかありませんでした。
まず、AIの侵入ロジックの奇妙な部分を改善し、バグを修正してパフォーマンスを改善しました。
最大の影響は、AIが世界中で軍隊を行き来させることを制限し、特定の同盟地域で軍隊の行動を緩衝することにありました。
具体的に言うと、米国は現在、英国に前もって軍隊を駐留させておくため、侵攻の時期にはすでに英国の近くにいることになります。
また、AIが欧州の重要性を確実に理解し、到着が成功するよう、さまざまな前線の優先順位付けも改善しました。

ハイレベルなAIや履歴の調整を行う上でもっとも重要なツールのひとつが「履歴ロガー」です。
これは、AIのゲームプレイを観察するために開発したツールです。
有効にすると、特定の実行動作中にゲームがどのように進行したかに関するデータが収集およびダンプされます。
Webインターフェイスを介して実行したときの出力は次のようになります。

元記事ではGIFが貼ってありますが、ファイルサイズが大きいためカットします。元サイトでご覧ください。

試してみたい場合は次の実行例を御覧ください。

https://common-assets.paradoxplaza.com/hoi4-devdiary/history_viewer.html?zip=1.zip
https://common-assets.paradoxplaza.com/hoi4-devdiary/history_viewer.html?zip=2.zip

これらはJavaScriptが非常に重く、ロードに時間がかかることに注意してください。

国境の表示以外にも、外交状況、陸海軍の任務・航空任務の位置、命令、決定・フォーカス・アイデア、実施された作戦・作戦任務、その他多くの選択された国の詳細を表示することができます。
さらに、ログ効果を使用してログに記録されたものは、これらのログにも表示されるため、必要に応じてカスタムログを効果に含めることができます。
以下はアメリカの例です。

ラインは侵攻命令、赤いヒートマップはアメリカ軍で、アメリカが南仏侵攻に成功し、北フランスとデンマークへの侵攻計画を立てているのがわかります。

次に、ログに記録されるものの例を示します。
ログは国タグENGと「操作」でフィルタリングされます。
ここでは、イングランドによって実行されるすべての操作を確認できます。

夜間の自動テストでは、このツールを毎日使用しています。
私たちは毎日、履歴ロガーが有効になっている状態でのみAIを実行していますが、その日の終わりに次のようなメールが届きます。

夜間のテストでは、ゲームがクラッシュしたかどうか、失敗したテストがあるかどうか、パフォーマンスの問題があるかどうかがわかります。
この例ではドイツはフランスに勝てませんでした。
特定の実行の履歴ロガー出力をチェックすると、次のように表示されます。

元記事ではGIFが貼ってありますが、ファイルサイズが大きいためカットします。元サイトでご覧ください。

今回の調査では、ドイツが、ポーランドが陥落し北西前線が準備される前に、オランダを攻撃しすぎていることが分かる。
これはフランスとイギリスがよりよく準備し進駐することを可能にします。
修正としては、AIがこのプッシュに対してどのように準備しておきたいかについて、追加の安全性チェック(私たちは少し前の関係のない変更で古いものをいくつか壊しました)を追加することでした。

このツールはVer1.9に含まれる予定なので、Mod製作者はこのツールを利用できます。
私たちは、バランス、AI、あるいはトータルコンバージョンModを作る人にとって、非常に良いものになると考えています。
詳しい情報とテストの設定方法については金曜日の日記に書いてあります。

スパイの変更

私たちはオペレーターの募集にいくつかの変更を加えました。
実際の工作員の採用時間を計測するのではなく、現在システムでは実際の人員スロットに連動しています。

この修正が必要だったのは、旧システムが実際にはかなり混乱していて、イベントの工作員や歴史的工作員を増やせば、英国だとその機関をあまりにも早く整備してしまうために、システムの進行が非常に混乱するからです。

オペレーションにも多くの変更が加えられています。
より目立つ展望インジケーターが追加されています。

これは、リスクと作戦に対するより良い報酬の可能性を分析します。
どちらもエージェンシーのアップグレードや運用特性の影響を受ける可能性があります。10%のリスクは10%の何かがうまくいかない場合が10%あることを意味します。
これは通常、工作員が現地調査を避けるためにしばらく隠れている必要があること、負傷していること、あるいはまれに捕らえられたり、殺されたり、相手側に寝返ったりすることを意味する。
作戦が終わると、一般的には作戦地点から脱出しようとした時にリスクトリガーが引かれることとなります。

私たちはまたいくつかの国家のために新しい長官たちを加えました。
Illusive Gentleman(悪の紳士)を持つことは、最強のエージェンシーを可能にすることに全力を尽くしたい人にとって良い選択となるでしょう。

また、英国が暗号学部門を開発すれば、全てのプログラマーのヒーロー、アラン・チューリングにアクセスできるようになります。
彼は英国にとって特別な人です。

ポルトガルの変更

ここからの担当は、HoI4コンテンツデザイナーのManoDeZombiさんのようです。

こんにちは、ManoDeZombiです!
すでにお気づきの方も多いかと思いますが、クリスマス前の私の最後の開発者日記以降、ポルトガルのフォーカスツリーにいくつか変更がありましたので、今日はそれについて少しお話ししたいと思います。

まずはNational Spirit Unstable Republicから始めましょう。

従来の安定性ペナルティ(一律10%)が、毎週-0.5%の安定性ペナルティに変更されました。
サラザールの特性も、一律の安定ボーナスから、毎週0.5%のボーナスへと変更されました。

ご覧のとおり、一方の安定性修正が他方の安定性修正に対応します。
サラザールが政権を握っている間、不安定な共和国はほぼ統制下に置かれることになるからです。
安定性は向上しないかもしれませんが、低下することはありません(結局、多少の困難はあったものの、サラザールは歴史的に何十年にもわたって共和国を支配し続けました)。

しかし、一旦政治に手を加えようとすると、低い安定性が容易に取り戻せない厳しい状況に置かれ、政府を変える前に国が内戦の瀬戸際に立たされることになります。
これについては、後ほど日記で詳しく説明します。

最終的なフォーカスツリーを見てみましょう。

ご覧のとおり、新しいフォーカス(正確には12)があり、合計で122個です。
クリスマスの間に、私は歴史的なサラザリストのツリー支部の設計、少しの手直し、他のツリー支部への追加に取り組みました。
オリジナルのフォーカスツリーのデザイナーであるPedroに大きな謝辞を送ります。彼は私を大いに助け、信じられないほど有用なドキュメントを提供してくれました。

軍事部門が非常に小さく見えたので、さらに3つのフォーカスを含めることにしました。
このツリー支部にもいくつかの変更がありますので、簡単に見てみましょう。

Army Organization、Metropolitan Army、およびCorpo do Estado Maiorは、それぞれいくつかの陸軍経験値を与えますが、それに加えて、Army OrganizationはUnstable Army National Spiritを削除し、小さな安定性ペナルティ(-5%)を追加します。

左のツリーでは、Metropolitan Armyが2つの研究ボーナス、続いてStandardizationにより生産ボーナスが与えられます。
ディフェンシブ・フォーカスについてはまだ触れられていませんが、リスボンの重要塞か沿岸沿いの軽要塞戦線のどちらかを選ばなければなりません。
最後に、ポルトガルは特殊部隊に研究ボーナスを支給する二つのフォーカスを持っています。

Tropas Paraquedistasは、第二次世界大戦中にオーストラリアで訓練され、ポルトガル領ティモールを占領していた日本軍の後方に進撃する、12人のティモール兵の集団パラシュートライフル大隊に基づいています。
ご想像の通り、このフォーカスはパラシュート部隊に研究ボーナスを与えます。

Regimento de Comandosはポルトガルの植民地戦争の結果として、60年代初期に形成された(後の)歴史的なポルトガルのコマンド連隊(反ゲリラ作戦のために準備された特殊部隊)の事です。
特殊部隊には2つの研究ボーナスが支給されるほか、特殊部隊の上限をわずかに引き上げる国家精神も提供されます。

右側には、軍指導者を向上させ、より安価にするCorpo do Estado Maiorがあり、続いてStaff Wargamesとその陸軍ドクトリンのための2つの研究ボーナスがあります。
最後に、Field Maneuversは、陸軍経験値と陸軍ドクトリンの研究ボーナスを追加します。

最後になりますが、スペイン内戦中にスペイン派を支持していた場合は、研究ボーナスを与えるフォーカスにアクセスすることができます(支持する派閥によってボーナスが異なります)。

政治のツリー支部に話を移すと、いくつかのフォーカスの名前が変わったことが分かります。
これは、それらのフォーカスがスペイン内戦と関連していることを明らかにするためです。

また、Securing the Free Worldが現在Allow Free Elections(いわゆる民主党路線)を通してのみ利用可能であることに気づくかもしれません。
このフォーカスは、派閥ではなく、民主的/非同盟政府を持つすべてのヨーロッパの小国の独立を保証し、あなた自身の派閥を作ることを可能にします。
共産主義者は派閥に対処する独自の方法を持っているので、それを民主主義の焦点として持つことは理にかなっています。

また、以下の点に焦点を当てて内容を明確にしたいと思います。

Protect Chinese Civilians:マカオを囲む広州の所有者に対する戦争を許可します。この焦点は、The Popular Front Bloc、They Need our Help、Allow Free Electionsのいずれかのフォーカスを完了することによって利用できます。

Intervention in Spain:このフォーカス焦点は、スペインのイデオロギーがポルトガルのそれと一致しない場合、スペインに対する警戒心を与えます。
これは、They Need our Help、Allow Free Electionsを通じてのみ利用可能です。

イデオロギーの変化に関しては、さまざまな政治部門(共産主義者であれ、民主主義者であれ、ファシストであれ、君主制主義者であれ)で、常に次のようなことを見つけるでしょう。

下の赤のツールチップにあるように、フォーカスツリーを使って政府を変えようとする場合、安定性が十分に高いことを確認した方がいいです。
さもないと、混乱した予定外の南北戦争の真っ只中にいることになるでしょう(うーむ…これは私にとってよくあることです…)。

次のフォーカスにも似たようなものがあります。

では、歴史的なルートについて話しましょう(私たちのフリーランスのアーティストである@Indyclone77は、ポルトガル語のフォーカスと国家精神のアイコン、イベントの写真、その他たくさんの2D素材を作ってくれました..。彼に大きな感謝を!)。
我々は、サラザールがゆっくりと彼の政権を強化し、最終的にポルトガルを大国によるゲームの後半に対処可能な強力な国へと変える新しいツリー支部を追加しました。

国家精神Estado Novoはサラザール政権を象徴しており、現在いくつかのレベルがあり、ツリー支部に沿った異なるフォーカスによって改善されています。

Estado Novoのフォーカスを完了すると、消費財と民需工場の建設速度にわずかなボーナスが提供されます。

Strengthen the Regimeは、あらゆる種類の反体制派(歴史的に、共産主義者は特別に迫害され、抑圧されたが、ファシストシンジケートのような他のグループもあった)を扱うサラザールを代表するものです。
秘密警察を強化するためには、ある程度の人的資源と装備を投資する必要がありますが、非同盟による支援を受け、あなたのEstado Novoに小さなボーナスが付与されます。

Appiase Monarchistsが完了すると、あなたはほとんどの君主制主義者の支援を得て、君主制主義に関連するいくつかのアドバイザー(君主制派と共有される)をアンロックします。
歴史的にサラザールの戦略は、君主制支持者を政府に引き入れ、君主制復活の道を将来に向けてオープンのままにしておくことでした。
Estado Novoには、その他のメリットの中でも特に注目すべき点として、小さな日々の政治ポイントと週毎の安定性ボーナスが追加されます。

Concordat with the Holy See:1940年のコンコルダートでは、ポルトガルとバチカンの間に合意があり、基本的に教会がポルトガルの政治問題に干渉することを防ぎました。
ゲーム内では、かなりの量の政治ポイントを得ることができ、Estado Novoはより多くの日次政治ポイントと週次の安定性を得ることができます。

National Gold Reserves:戦争中、ポルトガルは重要な経済的役割を果たしました(それは単純な「彼らはドイツにタングステンを売った」よりも複雑なものでしたが、それについてはまた別の日にします)。
ゲーム内では、このフォーカスは、いくつかの経済ボーナスだけでなく、ドイツやイギリスとの貿易関係の改善とポルトガルの国家精神を与えるでしょう。
心に留めておいてください:このフォーカスを完成させるためには、あなたは平和でなければなりません!

Honor Anglo-Portuguese Allianceを完成させることで、ポルトガルは連合国に加わり、民主主義のルートと共有するフォーカスに近づくことができます。

Proudly Aloneは、Estado Novoを改善し、最終的に不安定な共和制を取り除く最後のフォーカスです。
ここから先、ポルトガルは歴史的なアプローチを捨て、日本や他の主要な、あるいは近隣の共産国に対して攻撃的になることを選べます。

最後に、The Capital of Espionageのフォーカスです。
第二次世界大戦中のリスボンには、かつての敵と協力した二重スパイや裏切り者から、大西洋を越えたドイツ軍の輸送に関する情報を集めたスパイまで、無数のスパイや陰謀がありました。
これは、次の国家精神によってゲーム内で表現されます。

Regarding Refuse the Naval Blockadeのフォーカスは、National Syndicalismのフォーカス後のファシストへの路線だけでなく、Return of Duarte後の君主制のルートでも利用できるようになりました。
今、ポルトガル王国はイギリスに復讐し、ついにアンゴラとモザンビークの植民地を結び付けることができるのです(Mapa Cor-de-Rosa)。

数週間前のストリーミング配信中に出たカスタムテクノロジー・スプライトが見られないことを心配している人のため、ポルトガルのテクノロジーにスプライトがあることを確認したいと思います。
残念ながら我々がストリーミングに使ったビルドバージョンには入っていなかったのです。

これが私からのすべてです。
ご覧のように、ポルトガルについては過去数ヶ月間、多くの仕事をしてきました。DLCがリリースされた後は、さまざまなルートをお楽しみください。

次の開発者日記は、金曜日に改造マニア向けのものをたくさん提示し、来週のLa Résistanceリリースに向けて完全な1.9パッチログを投稿します。
丸一週間待つ必要はありません。

ドイツを使ってプレイスルーを続けるストリーム配信もお見逃しなく。
今夜は、redditのAMAでも質問ができます。


以上

振り返り感想

予想外のボリュームで、紹介が遅くなってしまいました…。

La Résistance DLCではスペインはもちろんポルトガルも大幅に変更がかけられるので、イベリア半島好きの人はかなり楽しめそうな内容ですね。

次回の開発者日記は明後日金曜日とのこと。
ただ、内容がMod制作に関する事らしいので、簡易な紹介にとどめたいと思います。

また申し訳ないのですが、
金曜日に公開できず後日紹介になるかもしれません。
ご了承ください。

今回は以上です。