HoI4 開発者日記 第28回 天候と地形 2015/10/9

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第28回目を紹介。

今回は天候と地形についてです。

Hearts of Iron IV - 28th Development Diary - Weather & Terrain
Hello, and welcome to the 28th development-diary for Hearts of Iron IV. This time we talk about the things that you have the absolutely least control...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2015年10月9日分 (第28回) 天候と地形

今回はゲームや現実において、あなたがコントロールできることについては絶対に話しません。天候と地形です。

気象システム

私たちはHoI3の気象システムに満足していませんでした。それは、現実にできるだけ近付けようとする複雑なシミュレーションでした。
基本的に、私たちが望む状況(1941年での非常に暑い砂漠地帯やロシアの寒い冬など)に微調整することが不可能であり、プレイヤーたちはそれを嫌っていました。
それだけではありません。我々が気象システムに注いだすべての努力は、プレイヤーがマップモードをチェックしない限り、見えずに隠された状態でした。そしてほとんどの人は気候のチェックまではしませんでした。
シリーズでこの状況が繰り返さないように、私たちはまったく異なるアプローチを行うことにしました。

天候の完全なスクリプト制御

天気予報の各タイプの確率を、各月の戦略地域ごとまたは定義可能な期間ごとにスクリプト化できるようになりました。
ですので、私たちは誰もが何ヶ月も渇望していた、例えば、ハードコア、汚れた、ロシアの泥を、などの状況を理にかなっている場所に適用することができます。
mod製作者のために、私たちはこれらの値を設定して、簡単に調整できるように、本当に気の利いたツールを作りました。
つまりすべてを自分で設定できるので、複雑なシミュレーションに頼るのではなく、ゲームプレイ時の気象効果を完全にコントロールすることができます。

天候の基本6種

ゲームには6種類の基本的な天候があります。
これらは、直接的、間接的に飛行機、海軍、陸上ユニットに影響を与えます。

晴天
修飾子なしのベースとなる天気。ただただ太陽を仲間を楽しみます。

小雨
敵の飛行機や海軍を検出するのが難しい。
船舶に対する航空機の攻撃は効果的ではなく、また船舶間攻撃の精度も低下させます。
飛行機事故のリスクが高くなります。


小雨のはるかに強力なバージョン。
キャリア飛行機は離陸できません。
爆撃機は目標を攻撃するのに苦労するでしょう。


敵の飛行機や海軍を検出するのが難しい。
船舶に対する航空機の攻撃は効果的ではなく、また船舶間攻撃の精度も低下させます。
飛行機事故のリスクが高くなります。

猛吹雪
雪のはるかに強力なバージョン。
キャリア飛行機は離陸できません。
爆撃機は目標を攻撃するのに苦労するでしょう。

砂嵐
他の航空機を検出することはほとんど不可能です。
飛行機事故の可能性が非常に高い。
爆撃機は地上の目標を攻撃することはできません。

気温

気温はプロヴィンスレベルで設定され、主に摩耗(消耗)レベルに影響します。非常に寒いまたは非常に暖かいと頻繁に壊れる傾向になります。例えば冬のスペシャリストの特性を持つリーダーならば、寒い天候での効率を最大にすることを期待できるでしょう。

「摩耗」が兵の消耗度を指しているのか、機器の破損度の事を言っているのかは不明です。

雪と泥

まだシミュレート段階です。
雨や雪が降ってきたら私たちは絶えずそれに注意します(地図上に表示することができます)が、極端なレベルになったかどうかも注意が必要です。
非常に多い降雪はユニットの移動速度に影響しますが、泥は摩耗レベルを大幅に増加させるだけでなく、徐行レベルにまで移動を遅らせるでしょう。
知的なプレイヤーは、泥のシーズンが始まるのと同じようにソ連を攻撃しないようにしようとするか、あるいは彼らの戦車部隊の多くが移動できずに詰まっているかもしれないと考えます。

MAP上での天候表示

天候はこのように大きなインパクトを持っているので、常にそれがプレイヤーから見えるようにしたかったのです。
雪や泥などは地図上に直接表示されますが、嵐の雲や雨が大気上層にあると、ユニットの動きをあいまいにしないようにカメラズームすれば消えてしまいます。

ロシア上空の巨大な雷雲

地形

我々は国家レベルの視点で物事の非常に多くの操作を行いますが、我々はまた実際のプロヴィンスごとに定義された地形の要素も持っています。
地形システムはすべて完全にスクリプト化可能ですが、Hearts of Iron IVの地形は次のとおりです。

平原
基本の地形なので何の効果もありません。

森林

  • 50%の移動速度減少
  • 攻撃は20%のペナルティ
  • 戦線が20%減少
  • 敵の航空機からの防御を10%上昇

丘陵

  • 50%の移動速度減少
  • 攻撃は20%のペナルティ
  • 戦線が33%減少
  • 敵の航空機からの防御を5%上昇

山岳

  • 100%の移動速度減少
  • 40%の摩耗ペナルティ
  • 戦線が66%減少
  • 攻撃は40%のペナルティ
  • 敵の航空機からの防御を10%上昇

市街地

  • 20%の移動速度減少
  • 攻撃は30%のペナルティ

ジャングル

  • 50%の移動速度減少
  • 50%の摩耗ペナルティ
  • 戦線が25%減少
  • 攻撃は30%のペナルティ
  • 敵の航空機からの防御を25%上昇

沼地

  • 100%の移動速度減少
  • 80%の摩耗ペナルティ
  • 戦線が25%減少
  • 攻撃は40%のペナルティ

砂漠

  • 5%の移動速度減少
  • 30%の摩耗ペナルティ

大隊の種類によっては一般的な歩兵と比較して、攻撃、防御、または移動に対する地形上のペナルティまたはボーナスがあります。
いくつかの例として、
騎兵はほとんどの荒れ地に対してわずか5%の攻撃ペナルティがありますが、山岳兵は丘陵と山に対して移動ボーナスと攻撃ボーナスと防御ボーナスを得ます。

地形ペナルティにマイナス効果を持つユニット同士が結合した場合、ユニット固有のペナルティはかなり悪い状況を作り出します。
重装甲のユニットが山で攻撃することは良い考えではありません。

来週は派閥と戦争のゴールについてです。

以上


感想

今回は天候と地形効果についてでした。
市街地は飛行機から防御力はないのか?とかも考えるのですが、
それはゲーム性という部分でそういう設定なのでしょう(・_・)
おそらくこのあたりは変更するModもありそうですし、
どうしてもという方はそちらでということなんじゃないでしょうか。
HoI4 開発者日記 第28回 2015年10月9日分は以上となります。