HoI4 開発者日記 第29回 派閥と戦争目的 2015/10/16

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第29回目を紹介。

今回は派閥と戦争目的についてです。

Hearts of Iron IV - 29th Development Diary - 16th of October 2015**Read OP before posting**
Welcome to another development diary about Hearts of Iron IV, this time we’re talking a bit about factions and wargoals. In different incarnations of...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2015年10月16日分 (第29回) 派閥と戦争目的

まず、この開発者日記ですが、タイトル文に、
注意書きを最初に読むように
とお達しがされていました。
どういうことかと言うと、どうもフォーラム内で歴史的・政治的なことについて暴れている人がいるようで、そういうのは他所でやれとのことでした。
こういう困った人達というのはどこにでも湧いてくるんですねえ( ´Д`)

 

今回は、派閥と戦争目的について少し話します。

派閥

HoIの異なるシリーズに比べて派閥は微妙に違う方法で機能しています。
派閥の共通テーマは常に3つありました。

  • Axis(枢軸)
  • Allies(同盟)
  • Comintern(コミンテルン)

です。
Heart IV of Iron IVではもはやそれら3つがテーマではありません。
派閥の量にはもはやいかなる制限もありません。ドイツ、英国、ソ連は、皆さんが広く認識しているような通常の名称で自分たちの派閥を導くようになります。
他の国々は、国家方針ツリーを辿ることで独自の派閥を形成する能力を得ます。

では、派閥は何をするのか?
派閥は、戦争の際に互いに呼び合うことができる国々のグループであり、派閥内で国家が暴走した場合でも、派閥リーダーが和平会議に出席するまで完全に排除されることはありません。

もちろん、HoI4で戦争を始めるには限界があります。
たとえあなたがファシストの主戦論者であっても、戦争を起こすためには暴動が必要です。
戦争目的は、通常望ましい状態での征服となります。多くの歴史的な征服をしたい場合は、国の戦争終結を与えるための国家方針がたくさんあります。しかし、スウェーデンの歴史的な国境を復元するなど、何か他のことをしたい場合もあるでしょう。

まず第一に、民主主義は民主主義国家と戦いを始めることができないので、ファシストまたは共産主義者に切り替える必要があります。
民主主義国家はまた、世界緊張を高めていない国家に対して戦争の正当化はできないという制限もあります。

戦争目的

戦争目的には派閥特有のルールがいくつかあります。

  • 民主主義国家は、非核武装地帯を属国化したり奪い取る事はかなり戦争目的にコストがかかります。
  • コミンテルンは傀儡国家を作るための戦争目的はかなり安価である。
  • 枢軸はコストの削減を受けることはできませんが、すでに戦争が進行中の場合は、正当な理由なく戦争を宣言することができます。

戦争目的を正当化するには通常6〜12ヶ月かかり、政治的な力(PP)が必要です。
あなたが戦争目的を持っているとき、あなたはあなたの目標国に対する戦争を始めることができます。

戦争目的はまた、和平会議において主張した人にとって利点を与えます。
(将来の開発者日記でそれ以上のことに言及します。)

もちろん戦争目的を正当化すれば国際緊張が高まる。

来週は栄光の青いフランスについて語る。

以上


感想

今回は派閥と戦争目的についてでした。
戦争をするために、でっち上げや言いがかりレベルの戦争目的があれこれ出てくるのはゲーム内でも目にするところです(-_-)
実際の戦争もそんな感じだったんでしょうか。。。

HoI4 開発者日記 第29回 2015年10月16日分は以上となります。