HoI4 開発者日記 第43回 外交とその他のオプション 2016/2/5

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第43回目を紹介。

今回は外交とその他のオプションについてです。

Hearts of Iron IV - 43rd Development Diary - 5th of February 2016
This week we will be going over all the diplomatic and otherwise options you have for affecting other nations. Diplomacy ties into a lot of stuff so...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2016年2月5日分 (第43回) 外交とその他のオプション

今週は、他の国に影響を及ぼすための外交的方法やその他の選択肢について検討します。
外交はたくさんのものに結びついているので、これまでの開発者日記の内容も伴ってきます。
今回は利用可能なすべての外交行動について触れます。

外交・その他

派閥

HOI4の目標の一つは、イデオロギーから自由に脱却し、プレイヤーが独自に派閥を作成できるようにする事です。
イデオロギーの作り手は依然として派閥の特別ルール、ボーナスそして誰が一緒の側に立つかにとって重要な要素です。(例えばファシスト主導の派閥の一員の場合、すでに戦争中であれば誰にでも戦争を宣言させることができます。)

派閥を創設するには、まずは国家的な焦点を当て、能力を持たせる必要があります。
いくつかの国家方針は派閥を直接設定します(フランス:チェコ人とリトルエンテントを創造)。

HoI4 開発者日記 第30回 フランス 2015/10/23
Hearts of Iron IV(HoI4)のパラドックス社開発陣による開発者日記。 第30回 「フランス」 2015/10/23 分について紹介。 HoI4のフランスは自由度が高い強国で、どんなプレイスタイルにも持っていけそうな感じです。

小国であっても、適切な焦点を当てれば派閥を作ることができます。
あなたが自身で派閥を作るなら自由に派閥に名前を付け、リーダーになれます。
同盟はいくつかの状況で派閥を離れることができます。Being Couped:自ら同盟を去る(戦争に一緒に参加していない場合のみ動作する)、または特別な焦点やイベントによる。
一般的にあなたは派閥に加わったら、信頼できる味方という扱いになります。

戦争の正当化

戦争を宣告するには、有効な戦争目標が(それが偽造であっても)必要です。
ファシストの特別な力は、最初の宣言のために有効な戦争目標が必要なだけであり、その後戦争中であれば戦争を宣言し続けることができます。
民主主義は世界の緊張を生み出していない国家に対しては戦争の目的を正当化できないという点で限界があります。
戦争目標を持つことは、戦争が終わった際の平和協定中にあなたの同盟国に比べて安いコストで主張を要求できるようになるため有用です。
特別な状況では、すべてのルールを迂回する国家方針から戦争の目標を得ることもできます。

平和の提供

HOI4にとって、戦争が十分に長く続いたと仮定して降伏を申し出ることは可能です。
条件は勝者側によって設定されますが、それを降伏側が承認する必要があります。これは無条件降伏とは異なります。
無条件降伏は、あなたの国が国家統一の限界を過ぎて占領された場合に起こることです。
あなたは開発者日記第31回にて平和会議についてもっと詳細読むことができます。

HoI4 開発者日記 第31回 和平会議 2015/10/30
Hearts of Iron IV(HoI4)のパラドックス社開発陣による開発者日記。 第31回 「和平会議」 2015/10/30 分について紹介。 HoI4でこれまでとはガラッと変わった戦争後の和平会議についての説明です。

独立保障

これは、主権拡大を阻止しようとする民主主義のための主要なツールです。誰かの独立を保証することによって、あなたは世界の緊張状態が何であれ、その独立を守るため戦争に呼ばれます(実際の独立保証には少なくとも25%の国際緊張度が必要です)。
独立保障は政治コストが掛かりますし、より多くの場合でコストは高額になります。したがってヨーロッパの諸国に対して広範に独立保障することはあまり良い選択肢ではありません。

軍事的アクセス

これにより、ほとんどのパラドックスゲームのようにあなたは国の領土内で軍隊を動かすことができますがそこから攻撃することはできません。
空軍基地と海軍基地へのアクセスには派閥が必要であり、軍事的アクセスだけでは不十分です。

関係の改善

EU4と同様に、他の国々との対話を円滑にするために政治力を使うことができます。これは派閥や貿易で役立ちます。

不可侵協定

あなたと他の国との間で不可侵協定を結べば、両方の国から宣戦布告が行えなくなります。
最初に制定されたときには、12ヶ月破棄できない期間があります。
その後、相手国があなたよりも多いユニットをあなたとの境界に置いている場合、不可侵条約が壊れる可能性があります。
不可侵協定が破壊されないようにするために必要な軍隊の正確な量は、時間の経過とともに漸減します。

陸軍のリース、義勇兵、遠征軍

中立戦争では、同盟国を支援したり、バランスをとるためのいくつかの方法があります。すべての詳細については、開発者日記第36回を参照してください。

HoI4 開発者日記 第36回 他の戦争の援助 2015/12/4
Hearts of Iron IV(HoI4)のパラドックス社開発陣による開発者日記。 第36回 「他の戦争の援助」 2015/12/4 分について紹介。 HoI4で国単位ではない方法で他国の戦争に参入する方法を紹介。

政党の人気を高める

他の国の政党の人気に影響を与えるために政治的な力を使うことができます。それは目的のためにあなた自身の国で大臣の制定を行うほどの強力さはありません。しかし、あなたが対象国をよりあなたの国に近づけたり、将来のクーデターのために設定したりできることを意味します。

クーデター

政治的な力と設備を使うことで、外国でクーデターを起こすことができます。
クーデターの結果として生じる内戦の大きさは、いくつかの事柄に依存します。それは例えば彼らの国家統一度、あなたが支えているイデオロギーの力、そして納入された装備の量などです。
一方でこのような外国の改ざん工作からあなた自身の国家をより安全にするために使える閣僚や国家方針もあります。

もっと詳しい情報は、開発者日記34回の内戦とクーデターをチェックしてください。

HoI4 開発者日記 第34回 内戦とクーデター 2015/11/20
Hearts of Iron IV(HoI4)のパラドックス社開発陣による開発者日記。 第34回 「内戦とクーデター」 2015/11/20 分について紹介。 HoI4の内戦は歴史上実際に起こったもの以外にも発生する可能性があるとのこと。

占領転換

戦争で占領した領土をあなたと同じ側に立つ他の国の支配へ移転することも可能です。
私たちは占領と抵抗運動について次回の開発者日記でもっと詳しく話します。

 

最後に、私たちのベータ版の提出が昨日承認されたことをお知らせいたします。HoI4は正式にベータ版になりました。
私はあなたにまだリリース日を伝えることはできませんが、β版確定は大きなステップの1つとなります。

以上


感想

今回はHoI4における外交の紹介でした。やるべきことはたくさんありそうですね。
そして読んでて、自分の国内で工作によるクーデターが発生することもあるというのに今更ながら気づかされました。
プレイヤーが出来てAIはやってこないという事がシミュレーションゲームでは多々ありますが、どうやらHoI4の場合はAIも賢そうなので色々と気をつけないといけない感じですね。

HoI4 開発者日記 第43回 2016年2月5日分は以上となります。