HoI4 開発者日記 第39回 無線 2016/1/8

スポンサーリンク
更新情報

Hearts of Iron IV 開発者日記 第39回目を紹介。

今回は無線についてです。

Hearts of Iron IV - 39th Development Diary - 8th of January 2016
Welcome to another development diary on Hearts of Iron IV. Today we’ll talk about one of the most important gadgets of WW2, the radio. The radio was used fo...

[記事内の画像はパラドフォーラムより引用]

スポンサーリンク

Hearts of Iron IV 開発者日記 2016年1月8日分 (第39回) 無線

今日、WW2の最も重要なガジェット、ラジオ(無線)についてお話します。

ラジオ(無線)はコミュニケーションとプロパガンダのため、戦場そして人々の家庭で使われました。

ラジオ(無線)

私たちのゲームでは、アマチュア無線事業者の発明を採用し、FMラジオの使用を拡大して電波干渉を減らし、無線技術の新しい用途を見つけることをシミュレートする「ラジオ」と呼ばれる技術があります。

「ラジオ」これはレーダー局の建設につながります。この技術を詳しく見ると、強化するチャンスは+10%です。

ラジオ技術はまた、あなたの師団に通信兵を作るための前提条件となります。ラジオ技術と通信兵はそれぞれがあなたの部隊の先制率を5%増やします。これは、計画を迅速に行うことに加えて、あなたの軍事力を強化するチャンスが増える事にもなります。

師団強化チャンスの重要性

さて、HoI3のベテランプレイヤーは、開発者日記で言及するほどなぜ強化力のチャンスは重要なのか?と尋ねるでしょう。

その理由はまず第一に、戦闘には最大戦闘幅があり、それを超えるとすべての師団の戦闘状態が悪化します。そして戦闘にあまりにも多くのペナルティを与える危険がある場合、部隊は戦闘にまったく参加しません。

防御または攻撃を命じられたディビジョンの残りの部分は予備として保留されます。

そして場合によって師団が戦闘から撤退するか、あるいは戦術がより大きな幅となるよう師団が補強を試みようとします。

しかし、この試みは1時間に1つの師団のみが対象となります。そしてもし無線がなければ、あなたの師団は戦闘に参加するために数日を要する事になるかもしれません。そしてそれは戦いが長引く事になります。

通信兵とレーダー基地

通信兵はトラックやサポート機器を使用しており、これまでに出てきた中で最も高価なサポートユニットの1つです。

一方、レーダーステーション(レーダー基地)は地図上に構築する建物です。レーダーステーションは一般的に機能し、建物のレベルが上がるほどレーダーの範囲が広がり、重複する基地が多いほど効果が向上します。

レーダーは次のようなことを行います:

  • 戦争の霧を除去。
  • エリア内の敵ユニットに関する情報を提供します。復号化技術が暗号化技術と比べて優れているほど、より正確な情報(正確な数字、師団の種類、大隊がおよそどのような師団で構成されているかなど)を知ることができます。
  • 敵の船舶(潜水艦のような)を検出して傍受する機会が増えます。
  • 敵の飛行機を奪取する傍受とパトロールの機会を改善します。飛行機がより効果的に同じ場所にスクランブルできるよう、一般的に敵の数を味方機上回るよう誘導します。

来週は、工場についてもう一度話し、最終的に何が変わったのかを話します。

以上


感想

今回は無線技術についての紹介でした。
無線技術の取得は早めにやっていったほうが良さそうな感じですね。
とはいえ、どのテクノロジーも必要なのでどこから進めていくのが良いのかなかなか悩ましいところです(・_・)

HoI4 開発者日記 第39回 2016年1月8日分は以上となります。